スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボガイドの秋~ぱ~とⅡ~

ちょっと間隔があいてしまいましてすみません!

ではでは、早速前回のガイド編の続きお届けしちゃいますね~(^^)


場所は前回の六郷から戻ってきて上富良野の隣町美瑛町へ!

今度は「四季彩の丘」のお花畑で~す♪





100919_1045~0002
ケイトウのお花が丁度満開でした(^^)







100919_1055~0001
違う角度で写すとこんな感じ♪

左奥隅に見えている茶色い畑(お花のない所)はお隣のSさん宅の畑(笑)

※このあたりは一軒一軒の持っている土地が大きいので隣でもこんなに離れちゃうんですよ







100919_1055~0002
ダリアのお花も綺麗でした~

真ん中にナゼかひまわり!








・・・さてさて、場所は移って今度は上川町は層雲峡という渓谷の先にある銀泉台へ!

美瑛町からは2時間半~3時間位北東へ進んだ所にある場所です(^^)

100919_1556~0001
大雪山系の赤岳(2078m)の中腹1500mの所にある展望台が銀泉台です。上の方が紅葉してるのわかります?

私達は9月19日に登ったんですがこの日の気温は銀泉台でなんと13度!

これは雪も近くなってきたかなぁ?って思っていたら9月22日に大雪山系の黒岳(1984m)と旭岳(2990.3m)でホントに初雪降っちゃいました(^^;) (関連HPはコチラ)









100919_1621~0001
すこし下った路線バス駐車場の後ろ側はこんな景色

太古からの原生林が広がっています








100919_1628~0001
バスで山道を下っていく時にパチリ

紅葉と原生林の中を走る路線バスがちょっといい感じ♪






100919_1629~0001
バスの中から近くに紅葉が見えたので思わず写したら・・・

フロントガラスの汚れも写っちゃった(^^;)







では、一旦通り過ぎた層雲峡渓谷内へ!
この滝は約90mの落差のある「流星の滝」
100919_1710~0001

夜空にすっと尾を引いて流れる流星の様な感じに見えるのでこの名になったそうです(^^)






続いて落差約120mの「銀河の滝」♪
100919_1705~0001
先ほどの銀泉台はこの銀河の滝の源が近い所から名前がつけられたそうで

この滝の名はキラキラと銀の糸を引いて流れているように見えるところから名が付きました

冬は凍結する滝でアイスクライミング会場になる事もあるんですが

以前一度だけ凍ったこの滝の一番上からスキーヤーがスキーで滑り降りてきた事もあります

またこの二つの滝は歌人、与謝野晶子さんが「流星は地に近づける名なれども 女人(にょしん)の滝の銀河めでたし」と歌ったように

流星の滝=男滝(おだき)

銀河の滝=女滝(めだき)

とも言われています


今回の旅はお客様も自然が大好きな方ばかりで楽しんで頂けたんですが(お客様とても楽しい方ばかりでした(^^))

流石に九州の方に13度の気温はびっくりだったようです

またその中を私が半そでの制服で動き回っているので2度ビックリされちゃいました(^^)

※風はなくてそんなに寒くなかったんですけどね~・・・

そしてドライバーさんや添乗員さんもとてもいい方で良い旅でしたよ~

さらにドライバーさんがセキセイちゃんを育てていらっしゃる方とわかってからは休憩時間等インコ話に花が咲いちゃいました

ドライバーさんの所のセキセイちゃんは2代目チロと同じ黄ハルクインでなんと年齢14歳!

写真も見せていただいたんですがとっても可愛くて元気なセキセイちゃんでした(^^)

ウチのコ達もドライバーさんの所のインコちゃんみたいに長生きしてくれるといいな(^^)




※次回からはまたやんちゃズのにぎやかすぎる(^^;)姿お届けしますね~!
スポンサーサイト

メタボガイドの秋~ぱ~とⅠ~

久しぶりにBUSのバイトが入ったほりーち

久しぶりに乗務を楽しんできちゃいました(^^)

今日はその時撮った写真の一部紹介しちゃいますね♪

まずは富良野ワイン工場の敷地に咲いていたお花




100918_1604~0001
サルビアとひまわりが綺麗に咲いてました(^^)







続いて・・・富良野と言えばやはりここを忘れてはいけないでしょう


100919_0913~0001
この風車でわかる方いらしゃったらうれしいなぁ~






100919_0914~0001
昭和56年から放送が始まりさだまさしさんのハミングの曲とともに有名になって富良野観光の火付け役にもなった「北の国から」のロケ地!

北の大地で厳しい自然と闘いながら親子3人で人生の再スタートを始め

その中で起こるさまざまな親子の心の葛藤、土地の人たちとの出会いや別れを描いた作品は最高視聴率があの水戸黄門を抜くというとても有名な作品になりました




ここは主役の黒板五郎(キャスト:田中邦衛さん)の石の家です~

手前の開いている窓はお風呂場

この場所でお風呂に入った五郎さんと息子純(キャスト:吉岡秀隆さん)の恋人であったシュウがお風呂の窓越しに最後の会話するというシーンが撮影されました(^^)







100919_0914~0002
こちらは石の家を正面から撮ったもの








100919_0918~0001
家の中も入れちゃうんですよ~

このちゃぶ台の前に座って写真撮ったりも出来ちゃいます(^^)

今にも黒板五郎さんが出てきそうでしょ?

この家へ泊まりたい人はお泊りも出来るそうですよ~






100919_0923~0001
こちらは復元された五郎さんの最初の家

本物は当時本当の廃屋を使って撮影されてその後ダメになっちゃったんだとか

デモ、ファンの方が富良野中最初の家を探して農家の方にも迷惑がかかってしまう為、近年石の家の傍に復元されたんだそうです






100919_0924~0001
中に入ると当時の撮影の時の写真等も飾ってあります(^^)









100919_0932~0001
これは当時撮影で黒板五郎さん役の田中邦衛さんが本当に乗っていた車(^^)







100919_0949~0001
そして最後に拾ってきた家。2棟ほど建っていて雪子ねえちゃん(キャスト:竹下景子さん)と中畑木材のおじさん(キャスト:地井武男さん)が住んでいた家です

これは北の国から~遺言~で使用された家で本当に廃材や廃車になった車の窓・空き瓶等廃棄物で作られているんですよ

近くで見るとえ~?これが廃棄物で作った家?と思うほどしっかりと建てられています







さてさて、今回はほぼ北の国からロケ地めぐりとなったんですがいかがでしたでしょうか?

写真が多いのでメタボガイド編は今回2回に分けてお届けしますね!

次回は秋の花と紅葉です!お楽しみに~(^^)





メタボガイドIN富良野~小樽

ここ数日とんでもない暑さがつづく北海道

26日には今年日本で一番最初の猛暑日を記録し なんと道東の松山千春さんの故郷、足寄(あしょろ)では最高気温37.1度を記録しちゃいました(暑い・・・)

本州は豪雨 北海道は猛暑・・・なんだか変な気候が続いていますね

さて・・・そんな猛暑の中ほりーちはまたまたBUSのバイトにいって来ちゃいました(^^)







まずは富良野
100627_0953~0002
ラベンダーが色づき始め紫のじゅうたんになってました(^^)

ラベンダーは「濃紫早咲」「おかむらさき」「はなもいわ」「ようてい」「プロバンス」「ラバンディン」等色々な種類があるシソ科の低木なんですよ~









100627_0953~0001
お花畑の向こうには前富良野岳、富良野岳、カミホロカメットク、十勝岳、美瑛岳、美瑛富士、ベベツ岳、オプタテシケ等で構成される十勝連峰もくっきり見えてました(^^)








100627_1028~0001
手前ははまなすのお花。黄色いのはマリーゴールド、赤いのはサルビア
その中でもバラ科のはまなすは強い芳香を放っていました(^^)








続いては小樽(^^)

100628_0947~0001
北一ガラス五号館のショーウィンドウの中のガラス達

なんだか涼やかな色合い(^^)









100628_0950~0001
ヴェネチア美術館の前をボンネットバスも走ってましたよ(^^)








お昼は大好きなお寿司屋さん竜敏に行ってきちゃいました

ここのお店バスの駐車場に近くてとっても新鮮で変わったネタを出してくれるし お店の方々も明るい人ばかりで好きなんですよ(^^)
100628_1031~0001
右からイクラ、ウニ、タコマンマ(たこの卵)、えびのミソ





100628_1033~0001
右上はツブ貝 上段右から3番目はほっけの生

どれもとっても美味しかったですよ~(^^)

ちなみにこれだけついて1人前!

お昼が自由食だったのでここのお店お客様にも紹介したら

一緒に食べながら「安い~!」「沢山ある~!食べきれるかな~?」なんて大騒ぎしながら完食してました(^^)

涼みに来たはずの北海道で暑さに遭遇してしまったお客様でしたが

見所、食べどころは満足して頂けたようで良かった♪


・・・私?ほりーちはもちろんお仕事終えてお家へ帰った後は最初はチロ 後からはルナの順番で放鳥して遊びましたよ(^^)

娘には「おかあさんだけ美味しいもの食べてずるい!」って言われちゃいました(^^;)

でもね、でもね、いいじゃん夕食はお土産の毛蟹つきだったんだから許してよね~

メタボガイドIN洞爺~

春から北海道も観光シーズンがようやくやってきて

12、13日の2日間ほりーちもBUSガイドに復活してきちゃいましたので今回は観光のお話で~す♪

今回のコースは洞爺湖や札幌を巡る2日間のコース(^^)

100612_1120~0001
お客様と一緒にまずは周囲約40Kmの洞爺湖へ

この湖以前は約43Kmの周囲があったんですが昭和52年の有珠山爆発によって洞爺湖温泉街の地盤が7mも湖側へ移動して周囲が少し小さくなってしまったんですよ~

この日はちょっと霞んでました

写真中央には大島・観音島・弁天島・まんじゅう島の四島がかたまって見えてます






100612_1203~0001
続いて2000年3月31日に爆発を起こした有珠山の西山火口

有珠山は737mの大有珠を主峰とする小さめの山ですが火山活動は活発で25~30年周期位で爆発しながら洞爺湖の外輪山を形成しています






100612_1205~0001
活動は今は落ち着いていますが地熱は火口付近まだ高いんですよ~

わずかですが奥にまだ噴煙があがってるの見えますか?(手前に咲いている黄色いお花はタンポポモドキ)





100612_1224~0001
こちらは以前の国道230号

道路の一部には水がたまって池になっちゃいました

ちなみに奥に見えている上り坂は以前はずっと下り坂だったんですよ

場所によっては地盤から70mも土地が隆起した為上り坂になっちゃいました(^^;)

この以前の国道脇にも噴火口があって

噴火直前には報道車両のキャスターが「国道脇にも亀裂があって危ないですね~」などと話していたさなか

キャスターのすぐ横で噴火してその瞬間をカメラさんがキャスターと共に逃げ出しながら

カメラでしっかり撮っていて迫力ものでした~

え?もちろんキャスターもカメラさんも無事でしたよ(^^)





100612_1348~0001
お次は有珠山の寄生火山標高406mの昭和新山♪

この山は溶岩円頂丘を山頂にもつ学術的にも貴重な山の為、溶岩円頂丘は国の特別天然記念物になっています

昭和18年12月28日より火山性地震が始まり

昭和19年当時麦畑だったところから直径40mの火口が出現し昭和20年まで隆起しながら活動を続けた山になります

今はもう爆発の危険はないんですが地熱が高いため水蒸気があがっているのが見えたりするんですよ(^^)

ちなみにこの山は出来てゆく過程をグラフや写真に収めたいと全財産をなげうって噴火の最中にこの土地を買い求めた

壮瞥町の元郵便局長 故三松正夫さん個人の所有物の山です

この日はこのあと登別で宿泊~






100613_1244~0001
そしてお次の日は札幌ビール園へ行ったら・・・






100613_1247~0004
第19回YOSAKOIソーラン祭り(今年は全部で27会場)のサッポロガーデンパーク会場が近くだったので

ラッキーにもYOSAKOI見れちゃいました(^^)



100613_1248~0001
この時、舞を披露していたのは北海道は道南の伊達市からの参加チーム

皆さん元気いっぱいに舞を披露してました(^^)



ホントはもっと色んな所いったんですが写真撮り忘れちゃったんでミニミニ観光紹介みたいになっちゃいました~(^^;)

エ?やんちゃズ?

2羽は修学旅行から帰ってきて12~14日まで学校が休みだったおねぃちゃんにたっぷり遊んでもらってましたよ~

放鳥時間も結構とれたみたいでやんちゃズも満足の3日間だったみたいです~(^^)

あ!そうそう!余談ですが今回のお客様の中にインコお世話している方がいらしゃって

ちょっとインコ話でもりあがっちゃいました(^^)

この間のCAP!さんのイベントへもお越しになっていたみたいできしかんさんや萩の月さんの出店もご存知だったのでキャア♪キャア♪いいながらお話しちゃいましてうれしかったです~(^^)

BUSメタボガイドIN円山動物園

この間、同期だったガイドの友人に「人が足らないの~」と連絡を受けて

ちょっとBUSガイド復活してきちゃいました(^^)V

行き先は円山動物園!

先日、北極グマとユキヒョウの双子の赤ちゃんでTV等でも紹介されていた動物園です♪

雨が降らずラッキーでした

色んな動物さんとあってきましたよ~

中でもベストショットはコレ!!
オランウータン
「考える人」ならぬ「考えるオランウータン!」
ホントは眠たかったんですって(笑)


モモイロペリカン
モモイロペリカンさん 仲むつまじかったです(^^)


090702_1159~0001
フンボルトペンギン
このコはフンボルトペンギン
何故か1羽だけボーッとしてました(笑)

シロフクロウ雌
お次はシロフクロウ!
ハリーポッターのヘドヴィグで有名だけどメスはこんな色合いなんですって
オスとかなり色合いが違っちゃいます

オスはいなかったので・・・
200708262351011.jpg
比較の為に以前紹介した「ノースサファリサッポロ」のオスのシロフクロウくんをご覧下さい
結構羽の色合い違いますよね(^^)


オジロ鷲
オジロワシ・・・尾羽が白くなければ大型のトビっぽいです

090702_1302~0001
オオワシ・・・威厳すら感じます

丹頂
丹頂鶴・・・なんだかオジロ・オオワシと供に北海道を代表する大型の鳥さん紹介になっちゃった(汗)
この3種の鳥さん(タンチョウ・オジロ・オオワシ)は羽を広げると
それぞれ2m近くにもなる大型の鳥さんです

あ!そうそう!タンチョウヅルの尾羽は白いってご存知でした?
この黒い尾羽の様に見えるのは次列風切と三列風切の風切羽でして
羽をしまうと尾羽に風切羽が乗り尾羽が黒く見えてしまうんです
それと、頭の赤いのは羽ではなくて鶏さんのトサカのようなものなんですよ~



ショウジョウトキ
このコはショウジョウトキ。色合いが鮮やかです♪


サンショクキムネオオハシ
サンショクキムネオオハシはまさに南国を思わせる鳥さんです(^^)

・・・さてお次は鳥さんが放鳥されている館内の写真(^^)

キンランチョウ
木の枝に止まっている黄色と黒の鳥さんがキンランチョウ


090702_1225~0002
ちっちゃく写っている緑に赤が鮮やかな鳥さんがサトウチョウ

・・・放鳥されている館内に人が入って自由に飛びまわる鳥さんエリアの為
写真が遠めでゴメンナサイ


昆虫の放し飼いのエリアでは
090702_1246~0002
こんな風に蝶々が蜜を吸ってるのが間近で見れます(^^)
(ちなみに油断してると蝶々が服に止まってきちゃいます)


090702_1207~0001
トドは泳ぎながらたまにマッターリ休憩してました(笑)


090702_1210~0001
アザラシの赤ちゃん!お母さんにくっついて泳いでいて可愛かったです(^^)


そして・・・
090702_1219~0001
これがTVでも紹介された北極グマのツインズ!

090702_1216~0001
090702_1218~0001
一頭はお母さんべったりの甘えっ子

090702_1218~0002
090702_1216~0002
もう一頭は遊び好きのやんちゃっ子(^^)
ツインズでも性格って違っちゃうものなのかしら?



090702_1149~0001
ユキヒョウの赤ちゃんは7月3日から公開だそうで見れませんでした
う~ん。ちょっち残念


でも、沢山の動物さんにあってこれて楽しい1日でしたよ~

もしかしたらお客様より楽しんじゃってたカモ♪











旬の花時計
プロフィール

ほりーちぎつね

Author:ほりーちぎつね
ほりーちぎつねです。
いんこと娘を愛する冬毛のきたきつねです
レインボーのチロちゃんは2009.6.16大空へ旅立ちました
(3歳5ヶ月)
オパーリングリーンのチビちんは実家の里子になりました2011.10大空へ旅立ちました
(^^)2代目黄ハルクインのチロちゃん(推定2009.6.22生)2009.7.23お迎え2012.4.30大空へ旅立ちました
(^^)パイドのルナちゃん(推定2009.6.29生)2009.7.25お迎え!
スパングルのラムネちゃんは2010.7.24お迎え、2011.3.28短い生涯を終え大空へ旅立ちました。
キハルクインのキハルちゃん2012.5月お迎え

人気ブログランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
小鳥(・・*)
さえずり
羽根
ブロとも一覧

あげはめし

ひだまり日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。