スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時放鳥始めました♪

17日の夕方はラムネちゃんの再検査に小鳥のクリニックへ行って来ました~

結果は・・・AGYも他の菌もみ~んななくなって健康体!異常なしでした~(^^)

(クチバシだけは「なにやんちゃしたのかなぁ~?ボロボロよぉ~」って苦笑されながら言われちゃいましたが(^^;))

モチロン家に帰ってからは即同時放鳥!!

みんなとっても喜んでくれると思ったのに・・・

ラムネが追いかける→やんちゃズ逃げるの繰り返しでいきなりの同時放鳥はちょっとやんちゃズにきつかったみたい・・・(^^;)




100817_2223~0001
それでもルナちゃんはビミョーな位置まで近寄ってくれるようになりました~(^^)

ビビリのルナちゃんにしては大きな進歩(^^)b

チロはもうちょっと時間が必要みたい








100817_2125~0001
ラムネちゃん:「もっと一緒に遊びたいなのでしゅ~」
※ちょっと不満顔(^^;)

ほりーち:「きっと段々仲良くなれるよ。もうちょっとゆっくりお友達になっていこうね(^^)」








100817_2203~0001
ラムネちゃん:「あおとうしゃん♪」








100817_2203~0002
ラムネちゃん:「おとうしゃん好き~♪なのでしゅ♪」
※むっさいオヤジが一部写っていてお見苦しくてスミマセンm(_ _)m









100817_2213~0001
ラムネちゃん:「おかあしゃん♪カキカキしてくだしゃいなのでしゅ♪」









100817_2217~0001
ラムネちゃん:「もっとカキカキなのでしゅ~♪」


同時放鳥はビミョーだったけど やっと長く放鳥出来るようになってそれなりに外の世界を満喫したラムネちゃんでした(^^)
スポンサーサイト

ラムネの成長

この所毎日元気度MAXのラムネちゃん

けっこう出してアピールもすごくなってきました


たった数日でもヒナちゃんの成長って目を見張るものがあります


100729_0225~0001
これはまださし餌ばかりだった頃のラムネちゃん

そのうぱんっぱんで寝ています(笑)









100805_0224~0001
こちらは数日前のラムネちゃん

羽もしっかりしてきてました(^^)

この頃からたまにひらめ寝するようになってきたんですよ










100806_0001~0001
・・・で・・・これが出せ出せコールMAX時のラムネちゃん

ラムネちゃん 「出してくだしゃいなのでしゅ~!!」

ナゼそんな狭い所へハマル??(^^;)

この頃普通に出せ出せコールしても「後でね~」とスルーされてしまう事を覚えて

どうしても出たい!!って時になるとわざと隙間へはまって「キュルル~」って鳴いて助けを呼ぶようになりました(^^;)

・・・で、急いで救出しようとすると隙間からスルスルっと出てきて甘えながら手の中へIN!

結構知能犯みたいです

同時放鳥出来るようになったらどんなイタズラが待っているのかちょっと怖くなってきました(^^;)





・・・余談ですが、色々調べていたらスパングルは羽の縁取りが特徴のコで名前の由来は羽の模様がスパンコールに似ている所からきたみたいです

それと、パイドとスパングルは元々ジャンボセキセイを目指している時に品種改良で出来たものだったんだとか・・・

今、ラムネちゃんは34gでなかなかいい体重維持してるんですが将来ルナ(パイド)みたいにおっきくなっちゃうのかなぁ・・・ちょっと心配なほりーちでした(^^;)

夏のAGY撲滅運動(byほりーち家)

皆様前回はラムネちゃんへの励ましのお言葉ありがとうございました(^^)

AGY・・・ホントしつこくてお注射5回で終了の予定が6回でようやく終了したんですよ!!

他にいた菌も頂いているお薬(5種類位)で一緒にいなくなって

変な咳は気管支の以上や病気ではなくルナちゃんと同じ「お水を飲んだり食べたりするのがヘタなコ」だと判明しこれも一安心♪

後は再発しないか2週間後の検査待ちとなりました(^^)

今はラムネはまだ同時放鳥不可、外でうんPするとやんちゃズへの感染が懸念される為、一日にケージでうんP後5分に満たない単独放鳥でがんばってもらっていますが

もう天井近くまで飛べるようになりました(^^)

あ、ケージは菌がいなくなったとわかった日に丸洗いして下のシートはお迎えして通院が始まってからは毎日4~5回かえてるので安心してくださいね(^^)

更にラムネを触った後は家族全員石鹸で手洗いしてやんちゃズへの感染ふせいでいます(^^)

ただし・・・すごい甘えっコでやんちゃな事が判明・・・(^^;)

ゆびに乗るの大好き♪カキカキしてほしくて指へ猫のように擦り寄ってきます(*^^*)

このまま甘えっコで育ってくれればいいなぁ~(^^)


100730_0113~0003
そんなラムネちゃんルナちゃんのケージ越しの面会(^^)
ラムネちゃん:「なんでルナ兄ちゃんだけがお外に出てるんでしゅか?ずるいなのでしゅ」

ルナちゃん:「そんな事言われてもこまりましゅ~」







100730_0114~0002
ルナちゃん:「おかあしゃんが後もうちょっとがんばったら一緒に遊べるよっていってたでしゅよ」

ラムネちゃん:「ほんとでしゅか?!ラムネもうちょっとがんばるなのでしゅ~♪」








100730_0114~0001
ラムネちゃん:「でも・・・チロ姉ちゃんルナ兄ちゃんがお外で遊んでるのを見るのはやっぱりくやしい~なのでしゅ!きいぃ~」






100731_0239~0002
ラムネちゃん:「こうなったらフテ寝してやる~なのでしゅ」







100731_0239~0001
ラムネちゃん:「ぐ~」








100804_2230~0001
そんなラムネちゃんもようやくひとりでちょっとづつシードたべるようになりました(^^)








100804_2230~0002
ほりーち:「ぷっ(^m^)お前さんどんな隙間からシード食べてるの?」

ラムネちゃん:「ほっといてくだしゃいなのでしゅ」










100804_2231~0001
そういえば色んな菌を退治していくうちラムネちゃん羽の艶もすごくよくなってきたんですよ

今はふわっふわの艶やかな羽でとっても綺麗です

やっとスパングルらしさも出てきてこれからの成長がとても楽しみになってきました(^^)

後は・・・2週間後再発してない事を祈るだけ・・・

先生は「100羽治療したとしてこの注射の治療での2週間後の再発のコは2~3羽だけ。それをすぎての再発はほとんどないです」っておっしゃっていたので2週間後にいい結果が出るよう祈るばかりです




PS,そういえば母にこのAGYの話をした時(母はAGY知らなかったんです)「まるで人間のピロリ菌みたいだね」って言ってました
そういえば菌は違うけれど割とキャリアが多くて発症するとやっかいって言うの似てますよね
私もピロリ菌で十二指腸炎と胃炎併発して数ヶ月苦しんだので
こんな辛い思いをこのコもしてたんだなぁ・・・ってあらためて思っちゃいました
(あ、ほりーちもピロリは薬で撲滅済みですよ~笑)










僕には夢~がある♪希望が~ある♪そして~持病がある~(TT)

皆様、前回はコメントのお返事が大幅に遅れすみませんでした!

ちょっと(かなり?)バタバタしちゃってまして・・・

訳は・・・

7月24日夜にお迎えしたラムネちゃん

チビちん初代チロ2代目チロルナをお迎えしたペットコーナーからこのコもお迎えしたんですが・・・

26日夜間いきなり激しい嘔吐を2回、翌朝も1回嘔吐した為

仕事の関係上休めなかったほりーちは旦那さんと娘にラムネちゃんを連れて札幌小鳥のクリニックへ行ってもらいました

初日大人しいコだな・・・ちょっとクチバシがデコボコしてるな(←これは後に輸送時のストレスと判明)・・・目力が弱いかな?とも思っていたので

嘔吐した時「これはなにかあるかも」と思っての事でした

・・・結果は・・・AGY(メガバクテリア)(TT)

それも1日目ではキャリアと思われいたものが2日目の診察で発症が濃厚に・・・

不幸のどん底にいきなり叩き落された気分でした



100727_2017~0002
まだこんなに小さいのになんで?って涙が止まりませんでした

一日目の診察結果を昼休みに旦那さんから聞いて泣いてしまいながらも電話をかけたのは

このコがいたペットコーナー

先生からも「これだけ小さいのにAGYをもっているという事は親鳥から感染したものと考えられます」と旦那さんが話を聞いていたため

他のコも感染している疑いが強いと思っての行動でした

ペットコーナーの対応は「すぐに他のコは販売中止して治療に入ります」と素晴らしい回答でした

ただし、ウチのコを引き取って治療するので返金・・・といわれた所で「家族なんです!ウチで治療します!」とちょっと声を荒げてしまって・・・後から思うと大人気ない言動だったかな・・・と少し反省

お店の方にAGYの怖さ、でも家族だからもう手放せないと訴えた所

お店の方の声がちょっと優しい感じに変わり「後で上とかけあって連絡するので都合のよい時間を教えてください」と言う対応に変わりました

自分の家に帰る時間をつげてその場は昼休みの為終話

夕方家にかかってきた電話の内容は「まずブリーダーさん・問屋さんへこんな可哀想な子が出ないよう厳重注意しました」

「他の子も治療します。治療している間にこの子達は大きくなってしまう為、販売は出来なくなるかもしれないが仕方ないです」

「今回お迎えして頂いたコはそちらで病院へ行ってくださるようお願いします。治療費はすべて負担します」

「ただしペットコーナーで予防薬等いつもお願いしている病院があるためそちらへ通ってください。病院名は札幌小鳥のクリニックですがよろしいですか?」と言う素晴らしい内容でした!

お礼を言いながらほりーちも札幌小鳥のクリニックが主治医である事、このコの料金はウチがお迎えしたのだからウチに責任があるので料金はいいから他のコ達がAGYという病気の感染が心配である事を話した所

いつもは出所の確かなコ達を仕入れているがこの所変わった羽色のコをお客様が好む為、問屋が稀に出所をなかなか言わない事があり

そういうコは検診を受けさせている事

悲しいのは自分達がいくら命あるものと思って接していても飼い主さんにその意識が薄い人が多く、苦情の電話で多いのは「3日間くらいエサを食べなくなっちゃたんですが大丈夫ですか?」ととんでもない内容の電話が多い事

「だから今回すぐ知らせてくれて病院も信頼できる所へいってくれていた事がとてもうれしかった。ウチで販売したコが感染していたのだから料金はペットコーナーで支払います」と涙が出るような対応でした

ラムネちゃんにも「今回残念なブリーダーさんの元で生まれちゃったけど、○ョイフル○Kへ来て良かったね~いいお店に当たったね」って報告しました

それに販売前の予防薬もなんとここは札幌小鳥のクリニックから仕入れているとの事

心からうれしくなってしまいました

更にラムネちゃんもいい事が!

初回病院へ行ったとき3視野位に結構しっかりした菌が一個いたものが

2回目ではなんと5~10視野に弱い菌が一個にまで劇的に菌が減り

病院のお医者様がおっしゃるには

①生まれてまもなくなのと対処が早かった事が良かった 

②今受けている5回連続の注射は受けた後、再検査してもAGYの再発が今まで確認されたことがないのですぐこの治療を受けて良かった

③生まれてまもなくなので菌が胃壁へ食い込んでいる率が低く胃炎、胃がん等への移行が恐らくは通常よりは少ないであろうと言う事(キャリアでも治療するのが遅れて何年もたつと完治が難しく、完治しても胃炎・胃がんへの進行率があがってしまうそうです)


など等うれしい言葉が!!

更に「きれいに完治して胃炎等への移行もなければ通常の鳥さんの人生をまっとうできますよ♪」といわれました!

幸いな事に食欲旺盛で体重も32gまで増えていたので薬もきいて良い傾向との事(AGYって発症するとどんどん痩せてしまうコが多いそうです)

・・・で・・・「この子はすごい懐きそうな子ねぇ~♪」と先生がラムネちゃんにメロメロに(笑)

お鼻の色もこのままなら男の子だそうです!

一時はなんでこんなちいちゃいコがこんな辛い目に・・・と嘆きましたが

ラムネちゃん病院も注射もお薬も嫌がらない大物だったんです!

先生の手を見てもかまってぇ~♪ピュロロロ♪とエサをねだる時とは違う音程で甘え鳴き!

一回目の注射からは一度も吐かず食欲旺盛の超甘えっコ!

目力もいきなり強くなりました!


100728_2105~0001
ラムネちゃん:「あ~そびましょ~♪なのでちゅ♪」



ほりーち:「だぁ~めぇ~!病人は大人しくネンネして早く病気治すんだよ~」






100728_2105~0003
ラムネちゃん:「いやぁ~ん!!遊ぶぅ~!!遊ぶなのでちゅ~!!」


・・・注射を受けてからのラムネちゃんはまるで別鳥さんのよう

成長も今までのコよりずっと早い位だし、足の力が強くてかなりの距離ジャンプしちゃってキャリーの蓋開けて置くと「ぴょ~い♪♪」って飛び出てきちゃいます

更にさし餌の時はつかまられている指が痛くって後からみたらがっちり爪の食い込んだあとがありました(^^;)

きっとペットコーナーにいた時はもう気持ちが悪くて大人しかったんだろうな・・・元気になってきて良かったねラムネちゃん

後3回のお注射だからがんばっちゃおうね(^^)





100728_1340~0001
微妙に3羽そろっての記念撮影(笑)








100728_1349~0001
やんちゃズはおやつのモモもラムネちゃんの傍じゃないと食べないほどラムネちゃんにご執心(爆)

※この後ルナちゃんもやってきてモモ食べてたんですが撮影は拒否されちゃいました~(TT)


先生にはゆくゆく同時放鳥も可能とうれしい言葉も頂いたので今から3羽でイタズラしてくれるのが楽しみなほりーちでした(^^)


※これからしばらく病院へ通うため会社と病院の往復でバタバタしてお返事遅れちゃう事もあるかと思いますがお許しくださいね

尚、今回とても長い文章にお付き合いくださりすみませんでした




旬の花時計
プロフィール

ほりーちぎつね

Author:ほりーちぎつね
ほりーちぎつねです。
いんこと娘を愛する冬毛のきたきつねです
レインボーのチロちゃんは2009.6.16大空へ旅立ちました
(3歳5ヶ月)
オパーリングリーンのチビちんは実家の里子になりました2011.10大空へ旅立ちました
(^^)2代目黄ハルクインのチロちゃん(推定2009.6.22生)2009.7.23お迎え2012.4.30大空へ旅立ちました
(^^)パイドのルナちゃん(推定2009.6.29生)2009.7.25お迎え!
スパングルのラムネちゃんは2010.7.24お迎え、2011.3.28短い生涯を終え大空へ旅立ちました。
キハルクインのキハルちゃん2012.5月お迎え

人気ブログランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
小鳥(・・*)
さえずり
羽根
ブロとも一覧

あげはめし

ひだまり日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。