スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロちゃんと行く家族で旅行IN函館~其の参~

さてさて・・・ちょっと更新に間があいてしまいましたが

函館旅行の続きです~




CA380080-0001[1]
まずは旅館も朝ごはん~

湯豆腐も函館名物イカさしも美味しかった~(^^)

※函館はとれたてのイカが朝食に出るんです♪




旅館を後にしたら次は啄木小公園(^^)
111002_0915~0002[2]
若き日の啄木が本を片手に頬杖ついて瞑想にふけっている様子を座像にしてあって

台座には「潮かをる 北の浜辺の砂山の かのはまなすよ 今年も咲けるや」の歌が刻まれています

※啄木は132日間函館へ滞在して多くの歌を残しているんですよ

一握の砂の歌集の中の多くはこの函館の風景を歌にしたものなんです


111002_0917~0001[2]
今は砂浜になってしまいましたが、ここにはかつて砂山が広がりその上には沢山のハマナスが咲いていたそうです

ここで詠んだ歌には「命なき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の間より落つ」等もあるんですよ~



・・・で、大森浜を後にしてお次はイギリス領事館
111002_1139~0001[2]
シロちゃん:「なかなかいい文机だな・・・」

ミル:「わ~い♪シロちゃんと一緒~♪」



111002_1152~0002[1]
シロちゃん:「記念撮影とやらも出来るようになってるんだな」



母:「イギリス領事館でお茶していこうよ。私ここのコーヒーすきなんだよね」※実話

ほりーち:「いいね~。お茶しよ♪」
111002_1154~0001[1]
ミル:「お♪シロちゃんのナカマはっけ~ん!!そこで一緒に仲良くしてて~♪♪」

シロちゃん:「おい!ミル!!なんでこんな所へ置き去りにするんだ?!俺にもそのこおひぃとか言うもののませろ~!!」




ダイちゃん:「そんでもってお次はどこ~?」

ほりーち:「旧金森倉庫群だよ~。ほら!そろそろ見えてきたよ~」


111002_1309~0002[1]
ほりーち:「赤レンガの倉庫群綺麗でしょ?一部はまだ倉庫として使用されてるけど商業施設のBAYはこだてなんんかにもなってるのよ~」




111002_1307~0001[2]
シロちゃん:「・・・?何か壁にはってあるぞ?」



111002_1308~0001[2]
ほりーち:「うん・・・これは津波が到達した高さの位置に張られたプレートなんだ。今年東日本大震災があった時ここや函館朝市も1.2mの津波にのまれたのよ」

シロちゃん:「そうか・・・大変な思いをした土地なんだな・・・」

ほりーち:「そう・・・その大変な思いを忘れないようにのプレートなんだよ」



ダイちゃん:「そろそろお腹へった~」

シロちゃん:「おまえなぁ!人がしんみり話してる時に!!」

ほりーち:「ま~ま~。そういえばお昼すぎちゃったし確かにお腹も減ったよね。じゃあ今日はその津波から復興した朝市でお昼しよ~か?」

ダイちゃんミル:「やったぁ~♪♪」

シロちゃん:「おまえらなぁ・・・」

111002_1416~0001[1]
シロちゃん:「お?イカが泳いでいるぞ?」

ほりーち:「函館名物だからね~。もっと早い時間にくるとイカ釣りさせてくれるお店もあるんだよ~」


111002_1359~0001[1]
シロちゃん:「なかなか美味いな」

ほりーち:「此処の店主さんが自分で漬けたイクラ薄味でおいし~い!!」



シロちゃん:「飯の後は何処へ行くんだ?」

ほりーち:「ふふふ~(^^)次はね大沼国定公園~」
111002_1518~0002[1]
シロちゃん:「おお!ここはまた景色がいいな」

ほりーち:「うん♪ここは大沼・小沼・・蓴菜沼(じゅんさいぬま)の3ツの沼と駒ヶ岳の山々からなる国定公園なの。奥にそびえている山が駒ヶ岳 手前に見えてるのが小沼だよ~」



111002_1522~0001[1]
シロちゃん:「なんか刻まれているぞ?」

ほりーち:「ここはね~日本語詞・作曲家の新井満さんが原作詩者不明の英詩を翻訳しようと悩んでいた時、その詩の翻訳のきっかけを作ってくれた土地なの。そうして翻訳されてできた歌が「千の風になって」だったから、その歌の誕生の地として石碑ができたのよ」





シロちゃん:「だいぶ日も傾いてきたな・・・そろそろ帰らないと・・・俺はあいつらにすねて齧られるのだけはご免だからな」

ほりーち:「!!ほんとだ!!結構時間たっちゃったね!!急いで帰ろう!!」





・・・・・・・そして札幌へ戻ってきたほりーち達・・・・

実家で写真には撮れなかったんですが

なんと人見知りのルナちゃんが父にすっかりなついてました!

そして4羽(チビ・ピー・チロ・ルナ)で父の肩の取り合いもしていたらしく

父曰く「黄色い(チロ)のが一番強い・・・」とデレデレになって話してくれました



111002_2050~0001[1]
せっかく仲良くしてたので写真に撮ろうとしたらこ~んなビミョ~な位置へ逃げられちゃいました(苦笑)



そんな中で母が帰ってきたのにとっても喜んじゃったのはこの方!
111002_2053~0001[2]
チビちん:「おかーさん!!(←母の事)おかーさん!!おかーさん!!帰ってきたぁ~♪♪」

母:「ただいま。う~ん♪うん♪うん♪はいよ~ただいま~。」

チビちん:「おかーさん!おかーさん!おかーさん!!もうどこにもいっちゃやだ~!!」


・・・この後父にお土産渡しながらちょっと話してたんですが

父とお留守番だった4羽はそれはもう元気に遊びまわっていて

特に4羽とも父の肩を取り合ってばかりいたそうです(^^)

父のおかげで楽しい旅ができました(^^)

シロちゃん:「・・・まぁ・・・なんだな・・・今度また4羽集まる機会つくってやるのもいいかもしれねーな」

チロ:「ほんと?!いつまたみんなと会えるでちか?!!」

シロちゃん:「まぁ・・・頼んでみてやるよ」

チロ:「みんな集まったら今度はみんなでシロちゃんかじるでち~♪♪」

シロちゃん:「それはやめろ~!!」

スポンサーサイト

シロちゃんと行く家族で旅行IN函館♪其の弐

さてさて・・・前回函館奉行所をあとにしたほりーち家

次は函館湯の川にあるトラピスチヌ女子修道院へやってきました♪




111001_1510~0001[1]
入口で迎えてくれたのは聖天使(大天使)ミカエルの像♪
第二次世界大戦中こちらのシスターがこの修道院が砲撃を受けなかったら神の御加護と思いミカエルの像をたてましょう・・・とお祈りしたところ
本当に砲撃を受けることがなかったのでその後ミカエルの像をたてたそうです
今まさに剣を突き立てようとしているのがミカエル
下で牙をむいているのが悪天使(悪魔)です
ミカエルは大天使の中で一番勇敢な天使なんです




111001_1518~0001[1]
こちらが修道院本体
明治31年フランスのマリア・ビアンオアンほか7名の修道女によって創立された修道院で
別名は「湯の川天使園」
手前に見えている庭木は奥に見える鐘つき堂の中にあるアンジェラスの鐘を模写しています
見えている建物の2階一番手前と二番目の窓のあるところは保健室の様な役割の所で
天井には鏡がついていて礼拝堂が映し出されるようになっていて
ベッドにいてもお祈りは欠かさないそうです




・・・で、トラピスチヌ修道院を後にして今度は函館元町へ♪
111001_1613~0001[1]
まず、目指したのは函館区公会堂♪
明治40年の大火で人々の交流の場も焼けてしまったとき
自分の資材の一部が焼けてしまったにもかかわらず
50000円という大金を相馬哲平という今で言えば実業家(最初は米屋)の方が寄付してくださり
58000円という巨費をかけて作られたコロニアル・スタイルの建築物です(洋館なのに設計建築は日本人なんですよ~)
あ!何年か前「初めてのおつかい」ででていた建物だからご存じのかたもいらっしゃるかな?
あの時のお母さんは今退職されて第二子をさずかって元気にお過ごしだそうです(^^)




CA380056-0001[1]
館内ではレンタルドレスもあるので(入館料とは別料金)
ミルにも着せて思わずパチリ♪
ミル曰く「重い・・・歩きずらい・・・orz」(爆)





CA380060-0001[1]
シロちゃん:「おお!この建物は何処でも絵になるな」







CA380062-0001[1]
シロちゃん:「建物の前の景色もなかなかいいな・・・」

ほりーち:「うん。ここは前が元町公園で坂の下には海も見えるからホント景色いいよね~ってシロちゃんなんだかモデルさんみたいだよ~(^m^)
シロちゃん:「・・・そんな事はいいっ!それより次へ行くんじゃないのか?!」
ミル:「あ~シロちゃん照れてる~(^m^)





シロちゃん:「かまうなっ!・・・と・・・お?なんだかここは景色のいい坂道だな」
CA380063-0001[1]
ほりーち:「うん。函館は12の坂があるんだけどこの坂が一番有名かもね♪昔○ャーミーグリーンっていう台所用洗剤のCMも撮影された場所なんだよ」
(坂の名の由来は以前この坂の上に八幡様があったので八幡坂なんですが○ャーミーグリーン坂って別名もついちゃってます)




シロちゃん:「お・・・ここの建物もまたハイカラだな」
CA380064-0001[1]
ほりーち:「ここはハリストス正教会だよ~ロシア正教の副聖堂で神田のニコライ堂と共にガンガン寺の異名をとってる教会だよ」





CA380068-0001[1]
シロちゃん:「ここもその教会とかいうやつか?」
ほりーち:「うん。そうだよ。こっちは元町カトリック教会。元町にはこの他にプロテスタントの教会聖ヨハネ教会もあるし日本最古のコンクリート寺院東本願寺もあるよ。御寺社が多いんだよね。」






シロちゃん:「・・・と・・・これはまた景色はいいが面妖な乗り物だな・・・」
CA380070-0001[1]
ダイちゃん:「これは函館山ロープウェイだって~。」
シロちゃん:「ろ~ぷうぇい?」
ダイちゃん:「ま・・・のってりゃ山の頂上まで連れてってくれるからさ~」
シロちゃん:「おお!そうか!ろーぷうぇいとやらは便利な乗り物なんだな」






ミル:「ほら!!シロちゃんダイちゃん!夜景になってきたよ!!綺麗~」
CA380071-0001[1]
シロちゃん:「おお!これは見事な景色だな!!」
ミル:「シロちゃんシロちゃん!!景色にかぶさってそれじゃ見えないよ~」





CA380072-0001[1]
シロちゃん:「お・・・?これは無粋な事をした・・・これでどうだ?」

ミル:「これでやっと見れた~♪♪」





シロちゃん:「・・・で・・・この後はやっと宿か?」

ミル:「そうだよ~。どんな宿かな?楽しみだよね!」





こんかい宿泊したのは函館の老舗旅館のひとつだったんですが
もう大満足~♪
CA380077-0001[1]
お食事は懐石風でこの他にキンキの揚げ物、ラムのステーキ、マンゴープリン、フルーツ盛り合わせと豪華でした♪





CA380078-0001[1]
ダイちゃん:「んじゃ、そろそ俺は一服~」

シロちゃん:「なんだ!?そのだらけた姿は?!これからが俺たちの仕事だろう!!市中安全の為に巡回に行くぞっ!!」

ダイちゃん:「ま~。ま~。そんなにお固くすんなって~。まだまだ先は長いんだからさ~。てな訳で次回へ続く~」

シロちゃん:「おい!待て!なんでまたお前がしきる?!なんでだ~!!」















きなこもちさんからのプレゼントとシロちゃんと行く家族で旅行IN函館♪其の壱

この間までやたら暑い日があったかと思えば

急に寒い日も多くなってきて

10月初めには札幌と喜茂別の境、中山峠で雪が降り積もったり

この急激な気温差で山の恵みが少なく札幌西区や中央区(どちらも住宅街)でヒグマが出没している北海道ですが

そんな気候にもめげずほりーちと旦那さんと娘のミルとほりーちの母の4人で10月初めちょっと早い母の誕生日祝いも兼ねて函館旅行へ行ってきちゃいました♪

・・・そして旅行から帰ると仲良くしていただいているぼっふぼふきなこもちさんから素敵なプレゼントが届いたので

まずはプレゼントから紹介しちゃいますね♪

111010_0033~0001[1]
札幌で開催されたKita-mofのイベントの時北海道のお菓子お土産に持って行ったお礼との事でしたが

開けてみてそのお礼の多さにびっくり!

特にやんちゃズへのシードやサプリみたいな青菜やフルーツのペレット、そしてルナが大好きなミラーがついたお花のおもちゃ

更には東京限定のお菓子と盛りだくさん!!



111010_0034~0001[1]
可愛いインコちゃんのインデックスも入っていました!

あ!お菓子は娘がすっごく気に入ってもう残り少なくなっちゃってるんですよ~(爆)

きなこもちさん本当にありがとうございます!

やんちゃズのおやつに活用させていただきますね~(^^)



・・・ではでは!本題!!

函館旅行・・・すっごく沢山写真とったのでちょっと分けて掲載になりますが

それでも長文になっちゃうのでおゆるしくださいね~

まずは初日の朝からで~す

111001_0629~0002[1]
朝6時過ぎやんちゃズは今回お留守番の為、私の実家の父にお願いしました(父はインコのお守り【チビ、ピー、チロ、ルナ】でお留守番引き受けてくれたんですよ~)

チロ:「まだちょっと眠たいでち・・・」

ルナ:「ルナちゃんは新しいお友達に会えるのでドキドキでしゅ~仲良くできるでしゅかね?」

ほりーち:「うん(^^)おじいちゃん(父)は動物大好きだし優しいよ~。チビピーちゃんともきっと仲良くなれるよ♪イイコでお留守番しててね」

やんちゃズ:「はぁ~い!!」





そして4人でいざ函館へ出発! 今回は札幌から函館へ向かうルートの中山峠が雪の可能性あったので

急きょ高速で札幌→千歳→苫小牧→白老→登別→室蘭→長万部→八雲→森→落部まで向かいそこから国道5号線で大沼→七飯そしてまた高速で函館へ向かうことに・・・

出発直後は雨だったんですが高速のサービスエリア1回目ので休憩をするころには・・・
111001_0826~0001[1]
青空まで見えてきちゃいました♪(これは有珠山SAからの風景。向かって左が大有珠、右の三角の小さな山が昭和新山です)




・・・で、函館までは遠い(高速だと札幌から300Km以上)ので八雲ハイウエィオアシスでも休憩
111001_1008~0001[1]
この頃にはすっごくいいお天気になって内浦湾の向こうに室蘭まで見えちゃいましたよ~(海の向こうに見えているのが室蘭)




ここまでくれば函館までもう一歩!


お昼に丁度いい時間に函館へIN!

まずは五稜郭近くのラッキーピエロ(母のお気に入りの店で函館ではすごい人気店)で昼食~♪

111001_1211~0002[1]
シロちゃん:「お!なかなかうまそうだな」

ほりーち:「バンズがすっごく柔らかいし美味しい~♪」(ほりーち、ミル、母は1番人気チャイニーズチキンバーガー。旦那さんは函館スノーバーガーをペロリ)


お腹がいっぱいになった後はミルが一番楽しみにしていた近年復元された函館戦争の舞台函館奉行所へ!
111001_1245~0001[1]
時は慶応三年、十五代将軍徳川慶喜が大政奉還をしたのをきっかけに、それならばせめて蝦夷地だけは幕府軍の土地にしてほしいと朝廷に申出て
それを断られたために、ならば力ずくで・・・と榎本武揚、土方歳三率いる幕府軍が蝦夷地を手に入れる為江戸高輪から船に乗り
森町鷲の木に上陸した翌日に攻め入ったのがこの五稜郭城こと函館奉行所でした
(この建物は全体の1/3となる1,000平方メートルを復元したものだそうです)




111001_1255~0001[1]
本当はロシア戦との戦いに備えた建物だったのだけど、日本人同士の争いの場になったしまった場所なんですよ
それにしても広いですよね
なんか「ひかえおろう!」って声が聞こえてきそうでしょ




111001_1300~0001[1]
この廊下のしきりは階級によって通れる人を区別していた為のしきりだそうです




111001_1313~0001[1]
格子窓越しに見た天守閣





111001_1345~0001[1]
二階へ続く階段・・・昔の人ってよく着物でこんな急な階段登れたなぁ・・・私ならムリだわorz・・・

なかなか見応えあるし、要所要所に説明してくださるスタッフの方もいらっしゃったのですっごい大満足の見どころでした(^^)

※この後ずっとミル(娘)は函館奉行所と結婚する~!!といいはっています(娘は歴女(笑))



・・・で、館内から一向に出ようとしないミルを無理やり引っ張って(ゆうに一時間以上経過)今度は五稜郭タワーへ

111001_1415~0001[1]
高さ98mのタワーからは五稜郭の名の由来となった五陵星の形の城郭が一望の元に見下ろせます

旦那:「ああ!失敗した!!」

ほりーち:「そりゃそうだろうねぇ~。高所恐怖症のあなたがタワー楽しみにしてたの意外だったもん」

旦那:「忘れてた・・・」(※実話です(爆))



111001_1417~0001[1]
五稜郭の反対側には津軽海峡の彼方に下北半島まで見えちゃいました♪(海の向こうの黒々とした陸地が下北半島)





111001_1426~0001[1]
そして展望室にはなんと新撰組副隊長で有名な土方歳三の座像~♪(土方歳三は函館戦争で馬上で腹部に弾丸を受け戦死されたんです・・・)

ほりーち:「・・・?何故・・・そこにいる?!キミタチ!?」

シロちゃん:「お?お前は副隊長だったのか~。俺は隊長だ!!」

ダイちゃん:「俺はミルの学校の保健室在住なんだけどさ~。今回シロちゃんが行くなら俺も連れてけってミルが保健室の先生からたのまれたんだって~。ま・・・みんなのつきそいって事かな?・・・てな事でよろしく~」

土方歳三:「・・・・・・


ミル・ほりーち:「うわぁぁぁぁぁ!!土方さんになんて事するのよぉ~!!」








ダイちゃん:「てな訳で今回はここまで~次回もよろしく~」

シロちゃん:「何故おまえが仕切る?!俺は隊長だぞ!!ちったぁ顔をたてろ~!!」






旬の花時計
プロフィール

ほりーちぎつね

Author:ほりーちぎつね
ほりーちぎつねです。
いんこと娘を愛する冬毛のきたきつねです
レインボーのチロちゃんは2009.6.16大空へ旅立ちました
(3歳5ヶ月)
オパーリングリーンのチビちんは実家の里子になりました2011.10大空へ旅立ちました
(^^)2代目黄ハルクインのチロちゃん(推定2009.6.22生)2009.7.23お迎え2012.4.30大空へ旅立ちました
(^^)パイドのルナちゃん(推定2009.6.29生)2009.7.25お迎え!
スパングルのラムネちゃんは2010.7.24お迎え、2011.3.28短い生涯を終え大空へ旅立ちました。
キハルクインのキハルちゃん2012.5月お迎え

人気ブログランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
小鳥(・・*)
さえずり
羽根
ブロとも一覧

あげはめし

ひだまり日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。