FC2ブログ

ルナの闘病備忘録8

11月20日 23時47分
暗闇のなかパサッパサッと乾いた小さな羽の音が二回...
嫌な予感がして
息を潜めて音に集中
程なく
クキュルルルル...と小さな苦しがるときの
ルナの声!
きた!発作?!
慌てて電気をつけケージ内確認
ん?左足は弱めだが
麻痺とまではなっていなさそう
羽は下がっていないし止まり木の一番上
38分びっくりおめめで口をハクハク
ほんとの発作というよりは
他に原因?
ケージの温度計みると38℃まであがってた!
ごめん!
上手く調節できてなかった!
すぐにケージ前覆っているビニールシート
下半分あけながらルナにあやまる
52分まだハクハク息が荒いし初めてのワキワキ
ごめん!ほんとに暑かったんだね
ルナだけならサーモつけれるか?
明日もいちど様子みてきめよう
実はサーモはチロルナコンビのころ破壊されたことがあり
金属が口に入ったらと怖くてそれ以来つかえていない
温度計とケージにてをいれたときの感覚でずっとやってきたが
電球かえたらパワーがすごく違ったみたい
気を付けないと...
56分エサを漁りはじめるf(^^;
もう一日の分は食べ尽くしているので
ほんの数粒あげて様様子見
すぐがっついた!
足も普通にうごいてるしきちんと止まり木や
フィードカップ掴んでいる
12時にはご機嫌で雛なきのような甘えたさえずりを始めたので
再度電気消すが
以前も真っ暗にしたあとパニック起こしたことあるのを
思いだし
ペットボトルランタンを側におく
カタリと言う音もなく落ち着く
真っ暗だとしばらくカタコト落ち着かないから
真っ暗はいやなのかも...
とりあえず分かってきたこと
真っ暗は落ち着かない
34℃位が機嫌よい
やたらハイテンションな後は発作気味になる
全ての日ではないが
寝る前にそのうマッサージすると
朝機嫌よい日が多い
糞も緑の尿が目立たないか
ない
ただし発作おこしたり発作気味になると
やはり緑の尿になる
この時はいくらマッサージしてもそのうの膨らみが
なかなか消えてくれない
そのうはぷよぷよ
どちらかと言えば水分量で膨らんでるらしい
その証拠にドパーっと何回か尿がでるとへこむ
やはり多飲多尿
これは糖尿かなあ
インコはインスリンではなくグルカゴンらしいから
また人とは治療も違うのかな?
ドキッとはしたけれど
実際に発作ぽいものは1分に満たないくらいだったので
少し安心
あとは温度一定にするのがやはりよさそう
早くサーモ仕入れなきゃ
翡翠にはつけられないから
ルナだけね
実は翡翠ケージにお引っ越ししてすぐ
ペットヒーター一台壊してます
たまたま金属が口に入らず中毒は逃れたけど
2代目のペットヒーターは
ケージ内に入り込んでる線は配線まとめる螺旋状のプラスチックでおおった後
イスの足カバー二枚組み合わせてその上からがっちり被せ
かじっても平気なようにしてあります

あー、ペットボトルランタンあったほうが
二羽ともいいのかな?
コトリとも音もなく静かに寝てる
まだまだ暗中模索の日々は続く...

スポンサーサイト

ルナの闘病備忘録7 半歩進んで一歩下がる

今朝までは
絶好調で昨日夜中真っ暗にしていても
可愛い寝言を時折いっていて
今朝も
起き抜けカバー開けた瞬間
出せ!からはじまり
ご機嫌でさえずり
投薬時はかなりないきおいで逃げ回ったルナ
私が今日は休みなので
お昼放鳥させたら
いつもは翡翠のアタックにアタックで返すんだけど
?翡翠に押されてる?
あんよは普通に動いてるけどなんとなく
動きが重い?
そしてさえずりもいつの間にか止まってる...
嫌な予感がして
エサでつってケージへ戻す
ほどなく左羽を変に気にし始めた...
発作の前兆?!とおもいルナを捕獲すると
いとも簡単につかまる!おかしい!と思った瞬間
きた!発作!!
苦しそうな声をあげ
手のなかで暴れる
おかあさんいるよ!大丈夫だよ!と暴れるルナの背中を
撫でるがものすごい暴れぶり
娘がこの間みた そして自分も手のなかでなだめた
ルナがいなくなりそうで怖かったといわれたときの
発作そっくり!
ただ...よく見ていると本鳥も意識はあり
意識が飛んでの発作でもない
病院に話すのに一度状態見るため
ケージへ戻すとやはり左羽と左足が
上手く動かずルナもそれで暴れているようす
また、たまに苦しさもくるのかプキュプキュと力なく鳴く
もう一度手のなかに抱き抱え
声かけしながら背中や頬を撫でていると
今度は落ち着いてきてカキカキを少し楽しんだ
噛む度合いもいつものペースや力加減に戻ったので
移動用キャリーをホッカイロとレンチンした保冷剤で温め
ルナを入れ エサも入れて様子見
いきなり食べはじめてひと安心

20181116141220db4.jpg
2018111614125256b.jpg

移動用キャリーで保温、絶対安静中のルナ


この落ち着いている間に病院へ電話
状態を話すと
落ち着いて食欲あるなら
来院はいいがお薬をまた別にだす
今の薬はそのまま
6時間以上あけて日に2回
今回追加のお薬にビタミン剤も入っているし
水にとかすタイプなので
ネクトンは与えないようといわれてショック😱⤵⤵
まあ、翡翠にあげるとしますか
丁度ヒナ換羽入り始めたようでダウンたまに抜けるし
療養シードはそのままあげれるので
まずは病院と療養シードで様子見かなあ

病院によると加齢とともにパニックおこしやすくなる子も
いるとのことなので
ルナももしかしたらそれなのかな
パニック起こしたとき
動画とれると
わかりやすいそうで
はー
今度おきたら
抱いて落ち着かせる前に動画かあ
つらい、つらいよ
自分の子が病気確定させるためとはいえ
苦しいとき手をださず
動画って...
そか、だからネット検索したとき
発作の子の動画あったんだね

でも、パニックが大きいなら見てる側は辛いけど
環境改善で軽減はかれるらしい
それについては
心当たりあるから
対処してみて結果また書きます

もうね、一度愚痴っていいですか?
神様あんまりだよ
折角今までにないくらい回復してたのに...

とりあえず
薬貰いにいってこなきゃ

あ、あと糞は
一ヶ月も前からで
膨らむことや吐くこともなく
食欲あって
たまにそのあざやかなグリーンなら
やはりお腹に何もなくて出ている飢餓便の可能性があるといわれました
中毒じゃなさそうでひと安心だけど
食べて胸膨らんでるときにもたまにでるってことは
やっぱ食滞だよねえ...

20181116141345eed.jpg

昨日のうんP

20181116141359059.jpg

今朝のうんP
ね、ちょっとみどりぽいでしょ?
これが数日前は
もっとみどりでまわりも絵の具溶かしたようになっていたんです
これは結構改善してきてる

ルナの闘病備忘録6

201811132331084c9.jpg

昨日ブランコの取り合いになっていた
翡翠とルナ
放鳥時のブランコは翡翠お気に入りの場所だから
ルナが怒られるのもごもっとも
デモ、これ私が原因だよね
ルナが発作で暴れてブランコに翼がひっかかったと娘からきいたその日の晩
ルナのケージからブランコ撤去した
ついでに止まり木も下げたら
ケージにまったく入ってくれなくなって
しばらくして止まり木のみ元の位置へ
ルナはすぐケージに帰った
けど、ブランコで寝ていたのにとられたから
とても不服で夜中じゅうコトコト動いて
また発作?!と私を何度も驚かせた
あ、私今ほとんどお布団で寝てません
お布団は三時間程度
あとは夜中もルナのケージそばのソファに真っ暗な中
ペットボトルランタンのみで
たまにランタンに使っているあかりをルナのケージ下を照らす程度にして
カバーの隙間からルナの様子見て
大丈夫そうなら自分もソファでうつらうつらしてをしばらく繰り返しています
さて、お話はルナに戻りますが
発作は小さくなっているものの
頻繁におこし
更にほんのわずかなことにパニックになっているようなそぶりもあり
このまま来月の通院まではきびしそうで...
本当は病院にまたみてもらうのが一番いいと思うんですが
データ揃わないと糖尿病の薬は出せないでしょうし
今回も糖尿病の疑いがある
まずは水分量、体重チェックしてデータとってという
お話されたんです
小さいコ達だから先生も細心の注意するのでしょうね
なのでサプリメントでおぎなったりできないか
治療は糖尿病ならどのようになるか
併発で危険なものはないか兎に角ネット漁りました
結果セキセイではなくオカメちゃんでしたが
症例を発見!
オカメちゃんは痩せてお医者様も治療は...というレベルだったのに
ネクトンsを与えたら劇的に回復したと!
そしてこのオカメちゃんの症状があんよも羽も動きが悪くなっていたと書かれていて
体重こそはちょいデブで違うけど
症状がそっくりなのにびっくり!
そして糖尿病は多飲多尿のため血が薄まり
貧血起こすケースも書いてあって怖く
また他のネットで飢餓便は
飢餓、中毒の他にその他の疾患でもでると書かれていて...
それから今度はインコの糖尿病とネクトンsの関係で更に見ていくと
インコに必要なビタミン等与えることにより
新陳代謝が戻ってきて
人とは違う方法で治っていく場合あることも知りました
実は私が糖尿病なのでてっきり人間と同じメカニズムと
早合点もしていてこれは失敗だったと悔やんでいます
でも!まだルナは元気もあり
今からなら回復見込めるかもしれない
キハルの時のようにあと一日と待っていて
取り返しのつかないことはもうしたくない
で、ネクトンsを安全な状態で扱ってくれている
とりきち横町さんが札幌にオープンされていたことを思いだし
また調べてみると夜7時まで開いていることもわかったので
うれしくなって明日会社帰りに行ってみることにしました

会社の上司にはインコって治療どれくらいかかるの?と聞かれ
ルナの今までざっと計算して
数十万はいってますねーって話したら
驚きながらも
そうだよね命には変えられないもんねって優しくいってくれました!
ほんとにこの方の元で働けてよかった!!
よし!明日も仕事頑張って
帰りにはネクトンかってくるからね!
ルナ!一緒に頑張ろう!
チロ、キハル...ルナがそっちへ行きたそうにしたら
蹴っ飛ばしてこちらへ追い返してね!

ルナの闘病備忘録6 今日はちょっとうれしい♪

201811121447285e7.jpg

ルナちゃん今朝はここ最近で一番元気あり♪
投薬するのも一苦労なほど逃げ回るf(^^;
お湯にしてから飲む量は格段に増えたけど
その分今のところ
おしっことうんPがしっかりでてる!
やっぱり うんPは健康のバロメーターだなあ
体重は逃げ回りすぎで時間なくてはかれないまま
小鳥のクリニックへの通院時間となった
慌てすぎて家を出たのでスマホ忘れたけど
まあ、いいや
ルナの元気に少しウキウキ
でも、今までと違う少し色の薄い黄土色ぽいうんPに少しドキドキしながら路線バスで病院へ
行きのバスで座席に程よくお日様あたっていたので
膝の上に抱えた移動用ケージいれたバッグの上だけ広げて
包んでいたタオルも上だけまくって
移動中少し日光浴もさせた(^^)
この時は大人しく日向ぼっこしてくれてラッキー😆💕
病院で見てもらうと
今日しているうんPはなんの問題もなし
けれど注意は盛りだくさん!
まず
尿の量が多いようなので糖尿が疑われる
次回までに毎日水分一日摂取量はかること
脚はかなりよくなってきているがもう少しこのまま投薬と塗り薬続けること
絶食便の様なものでたときは
採取、保管し次回持ち込むこと
お湯にしてから飲み過ぎるなら
水にすること
体重は空腹時で36グラムで安定出来るよう
乱高下はさせないようと
色々宿題が出ました
まず
先生には申し訳なく思うけど
お湯にしてから調子がほんとにいいので
水にすることは考えたくない
お湯で水分量押さえられるよう調整していきたい
体重乱高下は同じグラムで与えても
新陳代謝なのか食滞なのかその日で違うし
36グラムキープはかなり難しい
毎日そのうマッサージで様子見かなあ

と!ここまで書いたところで
15時27分
ルナが発作!
グキュキュキュキュゥーと苦しそうな声のあと
首をフルフルっと2~3回震えるようにふった
声をかけながら近づくと
もう落ち着いて今回は足の麻痺もなし
発作はあるけど
前より格段に小さくなっているよう
ただし
このところは3時~4時にかけて
割りと頻繁な発作となっている
少し疲れて数分うとうとしたが
今は羽繕いしてる
なんだろう?どうしてほぼこの時間なんだろう?
先生には眠っていること多くないか?と聞かれたけど
それもない
普段はきちんと一番上の止まり木にいて
あんよもしっかりしてる
近づくともちろん隠そうとするから
普段通りにしながらたまにチラ見で確認しても
あんよはしっかり止まり木にぎっている
他のブロガーさんの発作起こすインコちゃんの動画や記事も見たけど
やっぱりルナとは症状が違うきがする
ルナには常時、または発作時ずっと小刻みに首を振る動作はない
また先生が懸念された吐く動作もない
行動も発作おきてなければ今まで通り
ほんとに一瞬胸が苦しくなったような動作のみだけど
反り返りはしない
発作で暴れても自分の足が何故動かないのか
何故羽が思うように羽ばたけないのか
パニックを起こしているようなそぶりの発作が多く
どちらかというと昔親がお世話していた
オカメインコのパニックに近い感じがする
本当にこんなとき一瞬でいいから言葉がかわせたら
とてもいいのにな
お世話がかりは毎回この発作おきるたび
胸を鷲掴みにされる感覚と
胃の痛みとたたかいながら
言葉をかけ励ますしかできないのがつらい

ルナの闘病備忘録5

20181110212351109.jpg

今日は私は仕事
娘が休みだったので
ルナを注意してみていてもらった
結果、
昼間に一時間程の発作
意識はあり足のみ若干の麻痺だったらしいが
逆にそれでパニックになり
ケージ内でかなり暴れたらしい
娘が抱いて落ち着かせたそうだが
暴れるので大変だったらしい
私が帰ってからも
出たいと雄叫びしたのは一度のみ
出したら暫くは気分よく遊んでいたが
ふくらんできて疲れた様子だったので
正味20分位でケージへ戻ってもらった
今日も食滞少しあり
食欲はしっかりある
食べれているだけ体力はあるので
そのぶんだけ安心
けれど今日パニック中ブランコに羽が引っ掛かり
大変だったらしい
これは申し訳ないけど
ブランコ撤去、止まり木も下げたほうがよさそうかな
きっと猛抗議するだろうけど
安全性にはかえられないね
動作は少しだけ緩慢なときがある
換羽に突入したせいも大きいかもしれない
無事乗り越えてほしい
今までは換羽で体調崩すことはなかったけど
今回は怖いな
てか、これから訪れる換羽の度にドキドキするのかも

ルナの闘病備忘録4

201811090936523d5.jpg

ルナ昨日朝までは38グラムを維持して
とても元気もあり安定していたが
今朝はいきなり42グラムで
浮腫んでいる
昨日は休みだった娘に注意してみていてもらったが
発作もなかったとのこと
今朝見ると発作は今のところないが
羽が少し震えていた
丁度薬の時間だったので投薬し
ごはん(通常のインコのエサ2に対し稗8のブレンドしたもの)は5グラムを5回に分けた1回分を与え
食欲あるか確認
即座に完食f(^^;
ただし水を飲む量がここ最近と比較すると
少し多いのと
とまりやすい大きいフィードカッブか
床に降りているかがおおい
昨日エサ以外にニンジンを与えていて
結構食べているので
その分の体重増加ならいいんだけど
少ないながら絶食便も確認できたので
食滞の可能性もある
噛まれながらソノウマッサージ
めちゃ痛い!ガッチリ痕が残る
けど、それだけ元気はあり足も力強く蹴るので
少し安心(*^^*)
噛まれて蹴られて嬉しいなんて変だろうけど
痛いよ苦しいよと言えない子達であり
病気を隠そうとするので
咄嗟の時の行動でどれだけ本来の力があるかの確認をするしかない
目力もしっかりあり
目で激オコです!!💢😠💢と訴えられる
でもねーやっぱり身体は嘘つかない
ソノウ少しプヨプヨで食滞気味だよね
放鳥せず
ケージで食後更に様子見
投薬、マッサージ後まずウンPでた\(^o^)/
水分一杯含んでたのが結構でて
それから元気戻り今は一番上の止まり木であっちへいったり
こっちへいったり
今度はそこからブランコへ移動しご機嫌でお喋りはじめた(*^^*)
ケージをガンガンクチバシで叩きながら
お喋りしてるのは調子が戻った証拠(*^^*)
これなら体重夜までに少し戻りそう
他の人のブログでソノウマッサージは知ったけど
結構この子には有効で助かる
お世話係りは手がボロボロになるけどね
翡翠にはいつもどうりに放鳥
すぐにルナのケージに張り付きに行き
ケージのあっちとこっちでお喋りがはじまる
でも、いつもなら
僕も出る!!と大騒ぎするはずのルナが
お喋りだけに留まっているので
まだ本調子ではないのね
翼みてると気分がのってきたときの
発作とは違う高速でのパサッ!パサッと動かす行動も出てきた
これはキハルがよく調子いいときしてたもので
ルナも覚えてするようになった
もっと調子いいと
スッと細くなり前傾姿勢で目は翔んで行こうとする方向に
釘付けのままパサッ!パサッと繰り返してから
放鳥中なら高速で飛び
とまればパサッ!パサッを繰り返す
ケージの中だと飛べないので
止まり木の間をすばやくいったりきたりになるか
元気がありあまっていると
出せ!といわんばかりにジュ!ジュ!ジュ!と雄叫びをあげる
あ、書いてる側から少しずつジュ!の雄叫びあげはじめた!
調子がホントにもどってきてる(*^^*)
さっき水ではなく
ぬるま湯に代えてからうれしそうに飲んでいて
たまに浴びようとしている
ほんとは飲み過ぎはよくないけど
病院の先生に以前聞いたら大食漢の子がダイエットさせられていると
お水で空腹押さえようとしてでてしまう行動なのだそうで
あまり心配はしなくていい
異常あれば糞便検査をいつもの通院でしてるので
その時わかると言われた
ぬるま湯は翡翠が水だと飲んでくれなくて
翡翠用に与えていて
もしやルナもぬるま湯のほうがいいのかと思ってはじめた
今、ルナに毎日行っているのは
投薬、塗り薬
体重チェック、ホテイしたときの身体の肉付きと浮腫有無
浮腫や食滞が感じられるときは
ソノウマッサージその後の糞の量と絶食便でてないかの確認
ごはんの管理
休みの日は頻繁にケージ内での行動チェック
温度管理
お水にせずぬるま湯用意といった処
あと出来ることはないか日々模索中
あーそうだ
ケージまわりを覆っているビニール
そろそろもっと厚手のものにしよう
以前ペットショップでケージ覆用のビニールかったけど
かけようとしたとき
独特のビニール臭が気にかかって
やめて捨てて
それ以来透明ゴミ袋45リットルの一方を切り
フードのような形にしたのを後ろと前からつけて
四方を囲いペットヒーターの熱が逃げないようにしている
でもこれだと薄いので春秋用
冬は漬物袋にかえていたの忘れてた
漬物用に使うだけあって
ペットケージ用のビニールカバーより臭いが少い
これだとルナも毎冬ストレスなく過ごしてくれている
今年の冬ものりきってほしいなあ
あとこの子のために出来ることってなんだろう
言葉がしゃべれたら聞いてみたいのにな
とりきち横丁さんに介護用品も見に行ってみたいな
お給料でたら見に行ってみよう♪
そーいえば備忘録からははずれるかもだけど
会社の上司が理解ある優しい人で良かった
ルナの急病で遅刻したとき
まずは電話で休んでもいいんだよと言われ
会社で後日遅刻を謝ったとき
家族だもん心配だよね
気にしないでって
これからもそう言うことあったら相談してって...
この会社選んで本当によかった
この人が上司で本当によかった!
ペットではなく家族といってくれたことに
涙が出そうになった
そしてこの人が上司であるかぎりついていこうと思った
ほんとに感謝しかない
ダメなときは叱ってくれていいときは褒めてくれて
なんとかみんなの心に寄り添って
出来る限りの最善を尽くそうとしてくれる
こんなこと皆が皆出来る事ではない
名前は書けないけど
本当に本当にありがとうございます
取得している希望休と有給は大事のためにとってあるだけです
けして辞めるときのためにとってあるわけじゃないですよ
他の人より使う頻度が少いからか
お願いだから辞めないでねって
可愛すぎるにも程がありますw

ルナの闘病備忘録3

11/3はとても機嫌よくいつもより元気が有り余って
放鳥しないと大絶叫で抗議して
お腹少しすくと私の肩にきては催促の雄叫びあげていたルナ
日付変わってまもなく
暗い部屋にパタタタっと軽い羽音
ん?嫌なタイプの音だなと思った瞬間
キュイキュイと痛そうな苦しそうな
小さな声
すぐ電気つけて様子見ると
やはりまた右足を少しだらんとさせていて
右羽も上手く動いていない
発作!と思い手をケージに入れると
なんとか一番上の止まり木から降りて逃げ回る
コケることなく逃げ
震えも無いことからかなり小さな発作で治まった様子
ただしルナが思うように動けなかったことで
パニックをおこしかけていたので
声かけし撫でながら抱っこ
噛む力もとても強く指に穴があきそうだけど
意識があり体力もある証拠なので
ほっとする
暫く撫でているといつもの痛いけどもう少し手加減した噛みかたにかわったので
落ちついたとみてケージへ戻す
まだ右足は少し握力弱いが自分で好きな位置へ移動し
落ち着く
その隙にネットで同じような症状の子にどんな対処してるか探す
検索でヒットした子は
てんかんや脳障害の子達だったが
症状は似ていても身体反らしたり首降りしたり
発作おさまっても摺り足ぎみで歩き
下垂歩行なのかよくコケることに気がつく
ルナにはそれはない
やはり発作は他の原因
先生がいう小さな血栓なのかな
予後については触れられていない
と言うよりも発作そのものにその子がどれだけ耐えられるかによるところもあるようだ
幸いルナは食欲は旺盛でその分での体力はあり
食べれている、食べたいという気持ちがあるうちは持ちこたえられるのかもしれない
お世話係りは発作の度に肝を冷やし
おさまるととても安堵しルナの体力と病院の薬に感謝する
実際意識朦朧とするほどの大きな発作は
薬飲んでからおこしていない
また極力副作用ない薬を処方してもらっているので
発作で体力をとられない時間は
ご機嫌で鳥らしく過ごしていてくれる
本当にこれが一番ありがたい
多分内蔵の数値は落ちてきてるのだろう
絶食便のような緑色便の頻度増えてきた
腎臓の数値悪いとこのような糞をするらしいので
次の通院で先生に相談したいと思う

このところめっきり記憶力が乏しくなった
私の頭に
ブログは記憶という場を与えてくれて
本当に感謝しかない

楽しい時間も悲しかった時間も後から見直せるし
先代の子達が教えてくれたことを
読み直すことで活かしていける

と、ここまで書いたところで
小さく動く音と小さな声
もう一度発作かと思いライトでそっと照らして
ケージ見たらルナは落ち着いて大あくび
今回は翡翠が寝ぼけただけらしいf(^^;
今までの子達はそれぞれ声が違っていたので
暗くても判別できたが
この頃翡翠がルナそっくりの声になってきて
間違う時がある
行動は今までで一番のやんちゃで甘えん坊
こっちはこっちで
普通のエサは手でもっていないとほとんど食べないし
手でもっていてもじゃれながらだから
そんなに食べず
未だ差し餌ねだり
お腹すくと差し餌作れと抗議する困ったちゃん
はー
お世話係りは介護と幼稚園一辺にみてるみたいだよ
でも、可愛い仕草を、やんちゃな姿を
たまには 待てい!と怒ることも
全部全部いとおしい時間だよ(^^)

ルナの闘病備忘録2

20181102163554f69.jpg


ルナちゃん本日も4時すぎに軽めの発作
キュキュキュという小さな泣き声が合図
やはり羽を震わせ始めたが
昨日よりはずっと早くに震えもおさまる
トータル10分位で回復
今までで最短の回復だが生あくびが少し気がかり
ほんの数回ではあったが
今までにはない症状
えずく様子はなし
んー、やっぱり病院の先生がおっしゃっていたように
小さな血栓があるのかな
血流よくするお薬は飲んでるけど
追い付かなくなってきているのかな?
これ以上の薬は副作用あると聞いているから
与えたくないし
お薬も次の投薬まであと一時間
確かにお薬飲んだすぐあとは発作おきてないから
ちゃんと効いていて
きれかけで症状でるのかな
写真でもわかるけど
お腹少しつけて止まり木とまっているものね
なのに何故かたくなに
一番上の止まり木なのかなあ
下にさげると嫌がるし
なかなか頑固ものだよねえ
心配だからほんとは止まり木さげて
辛そうならプラケージにして
放鳥だって控えたいけど
逆にギャギャギャ!!と鳴いてものすごいから
その方が身体に負担かかって危ないしねえ
はーほんとも少し自分労ってほしいわー

ルナの闘病備忘録1と翡翠のやんちゃ

本日またルナが発作
治療している右足ではなく
左足と左羽
兆候はいつもと違うパタパタっという
軽い羽音
今日自分の具合も思わしくなく
休みをとっていたので
すぐ気づけた
休みの昼間のみ
翡翠もルナのお家におじゃまさせてるのだけど
翡翠がどうしたの?といわんばかりに
ちょっかいかけ
ルナが脚と羽に麻痺がきて上手く動けず
逃げたり怒ったり出来ず困っていることに気がついて
すぐに翡翠を自分のお家にいれ
ルナを抱いてみるとやはり左足と左羽が若干の麻痺
とうとう右足だけではなくなってきた
鳴き方もすこしくぐもっているが
噛む力は強く
目力もある
ルナの今までからみて
回復に30分とみて
プラケージ移動試みるも
ルナ自身がすごく嫌がったので
部屋の暖房の温度上げて
ルナのケージの四方をすべてビニールでかこって
ペットヒーターの温度逃げないようにし
更にケージ床に降りても負担ないように
キッチンペーパーを何重にもしいてフカフカにして
様子見
最初は羽を震わせつらそうだったが
10分くらいで食欲でて
脚を少し引きずりつつも自分のごはん場所へ
ルナのごはん場所の入れ物は
浅い透明の一番大きなフィードカップにとりかえずみ
食べてる姿もみれるし
つらい時はカップの中にスポンと入って休めるようにと
考えての事でこれは結構効果的だった
20分後には
左足の握力は弱いけど体勢崩さず止まり木にとまれるようになり羽繕いも開始
30分後には
握力ももどりケージ内普通に移動し
ご機嫌でさえずりもはじまり
声のくぐもりも解消されていること確認
病院に通って投薬もしてるので
発作がおきると私にできるのは暖かい部屋で安静にさせ
様子見するくらいしかできないのが歯痒い
発作久しぶりなので
このままおさまってくれないかなと思っていた矢先の事
上手くはいかないものだと痛感
ただし体調管理していて気づいた事もあり
最初の発作おきてからのルナは
毎日4~5グラム
通常のインコ用のエサ2に対し
ヒエ8の割合のシルバーインコ用の配合に
もう2年位してあるのに
体重がその日によって乱高下する
36グラムまで体重落ちて5グラムちょいにエサを増やすと
まず二日間程度で38グラムまで復活
調子良いときはこれを少しの間キープできるが
調子あまりよくないと
ここから42グラム位まで一気に増えて
脚へ負担がくる
もう新陳代謝が上手くコントロールされていないらしい
私が朝夕体重計り
投薬の隙に肉付きをチェック
わずか1グラム2グラムの差が手でもわかるようになってきたし
体温がその日によって違うのもわかってきた
発作おきてないときはメチャ元気だけど
身体は嘘つかないなあ
うちのモットーは最後まで鳥らしくなので
延命も鳥らしくできる延命ならするけど
自分の思うように動けなくなってまでの
延命はしない
少しでも永くという気持ちには変わりないが
その子の鳥として産まれた個性までは消したくない
この考え方が賛否両論あるのは知っていても
ルナが今、何をしたいかを一番に考えてあげたい
翡翠のやんちゃを一緒に楽しみたそうなときは
放鳥や同居も様子見しながらさせて
少し辛そうなときは翡翠がどんなに遊びたがっても
安静にさせる
今はもう翡翠を呼び始め
早く同居させろとルナが雄叫びあげはじめた(笑)
同居させたらとたんにご機嫌でさえずりはじめて
翡翠が困惑してる(笑)
翡翠には色々申し訳ないなと多々思う
前のキハルの時もそう
少し身体と心が弱いルナにどうしてもあわせてしまう
デモ、翡翠だって負けていない
ルナを早めに寝かせるので
そのあと目一杯甘えにくる
ルナが一緒にいてほしい時は跡をついてまわっている
上手く立ち回れる子で本当に助かった
この子たちが少しでも永く一緒に遊べるよう
やんちゃもいっぱいできるよう
見守っていきたい


20181101142348a9b.jpg
旬の花時計
プロフィール

ほりーちぎつね

Author:ほりーちぎつね
ほりーちぎつねです。
いんこと娘を愛する冬毛のきたきつねです
レインボーのチロちゃんは2009.6.16大空へ旅立ちました
(3歳5ヶ月)
オパーリングリーンのチビちんは実家の里子になりました2011.10大空へ旅立ちました
(^^)2代目黄ハルクインのチロちゃん(推定2009.6.22生)2009.7.23お迎え2012.4.30大空へ旅立ちました
(^^)パイドのルナちゃん(推定2009.6.29生)2009.7.25お迎え!
スパングルのラムネちゃんは2010.7.24お迎え、2011.3.28短い生涯を終え大空へ旅立ちました。
キハルクインのキハルちゃん2012.5月お迎え2018年9月2日大空へ旅立ちました

人気ブログランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
小鳥(・・*)
さえずり
羽根
ブロとも一覧

あげはめし

ひだまり日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク