スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空白の5分間~チロちゃんが教えてくれたこと~追記あり~

昨日も、そらのかあさん・mokoさん・ぶるとねーじゅさん

すじ母さん・ポチさん・ヒデシャンさん・アシタカさん

れおんさん・shippori_denny さん・きなこもちさん・ゆかぷりんさん

沢山の方のチロちゃんへの暖かい言葉ありがとうございます


そしてオーコさん、ごめんなさい今メールに気が付きました。とてもとてもうれしい言葉をありがとうございます。
心がくじけそうになったら是非相談させてくださいね


また、皆様に私達家族まで心配していただき申し訳ないくらいです

昨日のコメントを拝見させて頂き、私達と同じような体験をされた方がいらっしゃることを知り

「ああ・・・やっぱりチロは本当にいてくれたんだ」と思え、とてもうれしかったです

また、私達と同じようにタマゴで可愛がっていたインコちゃんを亡くされた方もいらっしゃることを知り

「みなさん悲しい思いをしても立ち直っていらっしゃる。私達も早く立ち直らないと」と思う一面

このタマゴ詰まりについてチロちゃんが教えてくれた大切なことを書き留めておこうと思いました。

まだ、頭が上手くまわらないため稚拙な文章になることはお許し下さいね


090502_1947~0001
チロちゃんが最初にタマゴを生み始めたのはお迎えしてから2年ほどたってからです

最初はタマゴ詰まりはなく順調に生んでいました

その頃は1シーズンに3~5コ位のペースでした

090306_2047~0001-0001
今思えばタマゴ詰まりが始まったのは

1シーズンに8~9コのタマゴを生むようになってからです

多卵と呼ばれるものですね

090426_0017~0001
その頃から軟卵と言われる殻がやわらかいタマゴや殻の無い無殻卵も混じるようになりました

カルシウムを気をつけて摂取させ、何回かはちゃんとしたタマゴも生むようになりましたが

旅立ってしまう2~3シーズン前位から(チロはタマゴ生む感覚が1シーズンに付き次までのインターバルが約2~3ヶ月位でした)

まずタマゴを持つと必ずお腹の中でひっかかる場所があるようになり

マッサージや保温をして様子を見るようになりました

時を同じくしてまず片足がタマゴでお腹を圧迫され麻痺が始まりましたが

これはタマゴシーズンが終わると解消されていました

ところが、次のタマゴの時もっと麻痺の症状が悪化、一時期は歩くのも少しビッコ引いていて

タマゴ詰まりが終わってもちょっとの間麻痺が残っていました

更に次のタマゴシーズンには羽まで少し麻痺気味に・・・


そして今回・・・そのタマゴ詰まりと麻痺は突然にやってきました

チロちゃんの最後の朝はいつものにぎやかな声で始まり、空中も普通どおり飛び回り

私の歯磨きの最中に頭にフンのプレゼントまでしてくれました

この時点ではフンも普通のものが出ていますし、空中も難なく飛び回っているのでタマゴ詰まりも麻痺もないのがわかります

私が家を出て5分としないうち、娘の肩にいたチロが少しかわった声を出した直後

肩から飛ぼうとしたチロが上手く飛べずに床へ着地

この時急にタマゴ詰まりを起こし羽が麻痺し、更に軟卵だったため床への着地時お腹の中でタマゴが割れてしまう結果になり

そこからは以前お伝えしたような状況です

これを今回みていただいた先生に伝えた所

①多卵のコはそれだけ身体にムリが来るのが早いこと

②軟卵はやはり生みづらいこと

③麻痺がタマゴ詰まりの度おき始めていたのなら、やはり身体に相当の負担が既にかかっており長生きは難しかったこと

を教えていただきました

また今回じっくりチロの過去と向き合ってみて、いつものかくれんぼのペースではなく

隠れる回数が多くなると産卵が近いこと

お腹をいつもチェックしていつもより張りがあるな・・・と気づいた時はエビゾリの発情ポーズをしなくても

発情モードに入っていることが多い事に気づかされました

タマゴ詰まりは回を追うごと悪化してゆくコもいます

ウチのチロちゃんの様に「たった5分」でタマゴ詰まりを発症してしまうケースもあります

オンナのコのインコちゃんを家族に持っていらっしゃる方がいましたら

よかったら参考になさってください・・・私の稚拙な文章ではほとんどお手伝いにならないかもしれません

「とっくに知ってたわ」と思うことがあったらお許しくださいね

ただ・・・この中にひとつでもタマゴ詰まりのサインのヒントになる事があれば幸いです

コメントのお返事は少しずつさせて頂きますね。本当にごめんなさい


※今回チロちゃんを診て頂いた病院の先生は「もう助からない」と思えるチロの手術を
  泣き崩れる私の願いをきいて手術を乗り切ってくださった素晴らしい方です。

でも、先生に取り次いでくれなかった看護婦さんは会計の時
「こんな悲しい思いをする人がいなくなるよう今後注意してほしい」と私が会計の方に
お願いをしている時逃げるように会計さんの後ろを通って行き
一度も姿をあらわしませんでした

せめてこのコ(チロ)に一声でいいから謝ってほしかった!
それと、その後知ったのですが母が仲良くしている喫茶店のママさんが同じ病院でやはり緊急で重篤のワンコちゃん2匹とも緊急と伝えたにもかかわらず看護婦さんにはばまれ虹の橋を渡ってしまったそうです

私は今回ものすごくその事について怒りを覚えて仕方ありません
人を憎んではいけないと主人には言われましたがこれはひどすぎる気がします
皆様のご意見は如何でしょうか?

今回お世話になったT動物病院のK先生私の無理な願いを聞いて頂きそれにはとても感謝しています
ですが、いくら反省のミーティングをされても一向に看護婦さんにはK先生や飼い主や患者の苦しみ・痛み・悲しみは伝わっていないようです!
私も本来病院の事は極力避けて記事にするつもりでしたが
ワンコちゃん達もチロちゃんと同じ目にあっており、しかも一向に善処されない事に憤りを感じました
T動物病院のスタッフの方々。もし、この記事をご覧になる事があったなら
是非初心にかえって下さい。お願いします
大きくなる以前のT病院はとても評判のよい病院だったのだから・・・
物を言えないコ達の苦しみをわかって下さい!お願いです!

文面が乱暴な口調になってしまったこと、お許しくださいね

どうしても今回知っていただきたかったので・・・

長いつたない文章にお付き合いくださり申し訳ありませんでした

チロちゃんが身をもって教えてくれたこと・・・今は辛いけれど

これは私達家族の一生の宝物です


今度元気になったらチロちゃんの可愛かったしぐさ等また紹介させてくださいね

本当に皆様優しい方に見守られチロは幸せ者でした

これをもち、少しの間ブログをお休みさせて頂きたいと思います

少し元気になってきたらコメントのお返事からさせて頂きたいと思います

皆様にはチロの為に泣いて下さったり、慈しみの言葉を下さったりと本当に感謝しています

動物やお花を愛する方々は心の優しい方が多くすくわれる思いです

本当にありがとうございました。





~チロの最後の最後のプレゼント~
090618_1749~0001
永久(とわ)の眠りについたチロにかけられたガーゼの上にちょこんと乗っていたチロちゃんの小さな羽根・・・
大切な大切な一生の宝物です


~追記~

19日オーコさんからこんな素敵なお花を頂きました


090621_0024~0001
とても大きなお花で娘がびっくりしながら
「お母さん。チロちゃんがきっと喜ぶね。でも齧りに来ちゃうかな?」と言っていました



090621_0021~0001
娘がとてもお花とメッセージカードに感謝していました
私もすごくうれしかったんですよ。
オーコさん。チロちゃんの為にありがとうございます
また、何度かのメールや電話でのやりとりにとっても励まされました
これからも色々話相手になってくださいね

娘の仲の良い友達も18日には私を心配して話し相手に来てくれたんです
ごめんねSちゃんおばちゃん貴女にまで心配かけちゃった

娘はつぶれそうな心を母が悲しむからと必死でこらえていてくれたようで
ふと見た娘のブログで知りました
娘のブログは(こちら)です
「ごめんね。お母さんあなたがそんなにこらえてるなんて知らなかった。これからは辛い時はちゃんと言ってね。ダメなお母さんでごめんね」
娘のブログを知った時、すぐ電話をかけて言った言葉です(勤務中でしたので)
本当に情けない親です
これからは娘の為にもしっかりしなきゃ
チロも心配しているのか、まだたまに気配がします
19日は夜、私がお風呂に入っていたら生前の元気な私を呼ぶ「ピヨ!」と言う声がリビングから何度もして
更に私の大好きなインコ臭を何度かかがせてくれました
きっと「何泣いてるの!?すぐ生まれ変わるって夢で教えたじゃない!」
と言うチロなりの叱咤激励なのかな?

早くあなたの可愛くってお転婆だった姿を微笑んで話せるようにするね
それまで、チロちゃん。心配してくださった皆様 もう少し時間をくださいね


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ゆっくりと・・・

ほりーちぎつねさん、ご家族の皆様・・・
少しは気持ちが落ち着きましたか?
チロちゃんも、ご家族に見守られながら昨日、虹の橋に見送られてもう、元気に飛び回っているのではないでしょうか?
これからもチロちゃんはご家族の傍でずっと一緒ですよ!

少しこれからは、皆様のお体をご自愛いただき・・・
気をお休めになって下さい!
また、笑顔でチロちゃん、チビちゃんのブログが更新される日を楽しみにしています!

ほりーちぎつねさん、それまでのしばしのお別れです!
ゆっくりとお休みください!
また、笑顔で会える日を楽しみに・・・ ^^v

こんばんは。辛いなか書いて下さりありがとうございました。命の大切さを本当に感じました。また、我が子(鳥)の日常の様子をよくチェックしておく事が大事なんだと思いました。 病院の看護婦さんの対応には私も憤りを感じます。人間なら裁判になりますよ。動物だって同じですよ。その看護婦に直接言ってやりたいです。 チロちゃん、本当に頑張ったんだね。ゆっくり休んでね。パパさん、ママさんもお身体大切にして下さいね。また、再開されるのを待っています。

No title

今、お嬢さんの方にもいってきたけど、
本当に痛々しい出来事で涙が止まりません。
病院の対応には私も憤りを感じずにはいられませんが、
だけど、ほりーちぎつねさん、
それでも、ほりーちぎつねさんは
できるかぎりのことはしたのです。
チロどののために、精一杯のことをしたのです。
チロどのは賢い小鳥ですから、
その愛情を大切に背中にのせて、
とても幸せな気持ちで飛んで行ったのだと
私は信じています。


まだ心も落ち着いていらっしゃらないでしょうに、更新されて…。
でも「どうしても伝えたい」という、ほりーちぎつねさんの心が痛いほど
伝わってきました。
うちもトリジが潜り込むしぐさが増えてくると、これは危険だ!と
思い、袖口などをゴムでしばって潜れないようにしたり、あまり好まない
おもちゃをケージに入れたり、私が休みの時は睡眠時間を増やしたり…
と色々苦労してます。
それでも卵を持ってしまう可能性は高いので、ゴソゴソが始まると
気が気ではありません。
多産のインコちゃんは体に負担がかなりかかっている…とのお話、
うちの鳥のことではないのですが、思い当たることがありました。
やっぱりお産って、人間もそうですが、鳥さんにとっても大変な営み
ですよね。
これからも試行錯誤しながら…だと思いますが、チロちゃんの経験を
生かして、これからも見てあげよう、と思いました。

それから病院の看護婦さん…。もはやそこで働く意味はないですよね。
命を扱う職にはこれ以上ついていてほしくないです。

ほりーちぎつねさん、ゆっくり心と身体を休めてくださいね。
そしてまたいつか戻ってきてくれることを、心からお待ちしています。
かわいいチロちゃんの姿、またたくさん見せてください。
その時を楽しみに……。またお会いしましょう!

No title

ほりーちぎつねさん、まだ悲しみも癒えない中、こうして更新してくださったこと心より感謝いたします。
女の子のインコちゃんのママにとってタマゴの問題はだれもが悩んでいることでしょう。
ほりーちぎつねさんが、こうして今までの経過など書いてくださったことにより、さらに発情には気をつけようと思った飼い主さんがたくさんいらっしゃると思います。
そして大げさではなく、この記事によって命を救われる子もいると思います。
ほりーちぎつねさん、チロちゃん、ほんとうにありがとう。

そして看護士さんに対しての怒りはさらに増すばかりです。
命を扱う仕事に携わってほしくないです。絶対に許せない。
あなた(看護士)にとったら小さな命かもしれませんが、飼い主さんにとってこの子達は家族の一員なんです。
あなたの家族の命が粗末に扱われたらあなたは怒り悲しむでしょう?
自分の立場に置き換えて飼い主さんやこの子達の気持ちを真剣に考えてみてください。
考えることができないのなら即刻辞めてください。

ほりーちぎつねさん、もう少し落ち着かれたら院長先生宛にこの看護士さん対応について抗議文を出されたらいかがでしょうか?
もう絶対にこれ以上同じことは繰り返してほしくないのです。

長くなりましたが、ほりーちぎつねさん、ゆっくりと心と体を休めてくださいね。
そしてまた笑顔で戻ってきてください。
チロちゃんはこれからもみんなの心の中で変わることなく生き続けてくれていますので、これからも可愛いチロちゃんのお写真たくさん紹介してほしいです。
また笑顔で再会できる日を心待ちにしています!

No title

うちのぴのも女の子(11か月)なので、卵を産むようなことがあったときは、気をつけようと思いました。
大変辛い時に、ブログに書いてくださって、ありがとうございます。
看護婦さんは以前にも同じようなことをしていたと知り、
人間の患者さんにも同じようなことをするのかと、怒りを覚えました。
ポチさんの言うように、一人で無理なら喫茶店のママさんと一緒に、院長先生に看護婦さんの対応について、お話したみるものいいと思いますよ。
ブログ再開を楽しみにしています。

No title

ほりーちぎつねさんのお気持ち、伝わってますよ!
想いを受け取りました!!
チロちゃんの事をお話くださってありがとうございます。
産卵過多から麻痺も出たりするんですね。知りませんでした。
アイスも女の子なので気をつけなければ・・と改めて思いました。
チロちゃん、気がつかせてくれてありがとうね。
 
看護婦さん、謝罪も無しですか!?
その方は自分が医者か何かと勘違いされてますよね?
先生と患者さんをつなぐスタッフの一人にそんな方がいるなんて本当に憤りを感じます。
文面、全然乱暴なんかじゃないですよ!!
私だったらもっと酷いこと書いてしまうかもしれません。
ほりーちぎつねさん、心と体をゆっくり休めてくださいね。
そして笑顔が戻った時にはまたチロちゃんのお話聞かせてくださいね(^^)
またお話できる日を楽しみに待っています。

こんばんは

今、ミルちゃんのブログにお邪魔して来ました
ミルちゃんも頑張ってお母さんを支えてあげていたんですね
涙無しでは読めませんでした。
又、看護士さんへの怒りがフツフツと蘇ってきてどうしようもありません!!
本当に近くに住んでいたなら怒鳴り込んであげたいくらいですよ!
そして、ほりーちさんの悲しみを少しでも和らげてあげたいです

ほりーちさん、チロちゃんの臭いがしたんですか?
かくれんぼが大好きだったチロちゃんのことだから
どこかに隠れて、ほりーちさん達家族に早く笑いが戻るのを
覗きながら見ているかもしれないですね。

No title

はじめまして、ほりーちぎつねさん。
ピュアさんのブログからやってきました、リコと申します。

チロちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます・・・
記事を読ませていただきましたが、悲しみとともに、
看護士さんに対する怒りがこみ上げて来ます!!
チロちゃんだけでなく、お知り合いのワンちゃん達も
看護士さんに阻まれたんですよね・・!?
ほんとに、ほんとに悔しいです・・・!!

ほりーちぎつねさん、どうかご無理をなさらずに、
ゆっくりとお体を休めてください・・。
きっとチロちゃんも、お空から見守ってくれていると
思います。

こんばんは

チロちゃん、励ましに来てくれてるんですね!


チロちゃんの多卵、卵詰まりのこと、思い出しながら書くのはさぞかし辛かったと思います。
みんなに伝えるためにありがとうございます。

うちのインコはポポちゃんといいますが、お迎えして半年たってから卵をうむようになりました。生後7か月のときです。

初めてうんだのが去年の11月で、それから今年の4月までの間に20こくらいうみました。

そして今また卵を持っていてもうすぐうみそうです。

からだを休めることができたのは2か月の間だけ…。

どうにかして発情を押さえたくて、今は夕方6時に寝かせるようにしています。
あまり触れあわないほうがいいみたいだけど、なかなか…。

メスの一羽飼いって本当に難しいですね。可愛がれば可愛がるほど、逆に苦しめてしまうような…。


ほりーちぎつねさん、元気になられたら、何かまたアドバイスをいただけると嬉しいです。

しばらくはゆっくりされてくださいね。


お花、とっても綺麗ですねo(^-^)o
チロちゃん、かじってないかな?

ヒデシャンさん こんばんは
今は段々とチロちゃんのいない日常も受け止められるようになってきました

気配はまだたまにするので
語りかけたりはしてますけど

チロはきっと今は天国で楽しくしてくれていると思うので
私も段々泣かずにチロの話ができるようになってきました

そらのかぁさんさん こんばんは
小さな命はとても儚いので
毎日のチェックがとても大切なんだと
私も今回チロに教えられたんですよ

看護婦さんは今でもゆるせません
やはり、あの時緊急で対処して下さっていればあるいは・・・
と考えてしまうので

ただ、今は今度お迎えするコの時は
チロちゃんが教えてくれた事を
大切に思い返して
同じ目にあわないよう
すこやかに育ってくれるよう
チロちゃんに学ぼうと思っています

ゆふき。さん こんばんは
本当に心配ばかりかけちゃってごめんね
娘があんなにつらい思いしてたのに
気づいてあげるのが遅くなった私は
ホント母親失格です
今度は私がしっかりしなきゃね
チロは今幸せだといいな
やっと苦しみから解放されたのだもの
天国で沢山のお友達に会えていると思います

すじ母さん こんばんは
トリジちゃんも女のコですもの、心配ですよね
ホントかくれんぼ回数が多くなると
「どうやって気をそらせよう?」と考えちゃう気持ちよくわかります

多産のインコちゃんがお知り合いにいらっしゃるのですか?
すじ母さんがおっしゃるようにお産は大変な営みです
飼い主さんが気づいてあげられるといいのですけど・・・心配ですね

今回チロちゃんの記事を読み返して
頭が当時かなり混乱していたことに気づきました
タマゴの経過期間や卵管脱常習犯で
実家療養中のチビちんにおける
簡単な卵管脱対処法(先生に習いました)
が、かなり抜けているので
女のコのインコちゃんを持つ家族の方のヒントになればいいなと
今度、時間のゆっくりある時に
加筆修正した形で
卵管脱・タマゴ詰まりの事を記事にしようと思っていますのでよかったら
ヒントになさってくださいね

看護婦さんには今も疑問を感じてしまいます

ポチさん こんばんは
今回自分の書いた記事を
落ち着いて読み返して見て
当時かなり頭が混乱していた事に気づきました
まだタマゴの経過期間・簡単な卵管脱対処法が抜けていたので(先生に習ったものです)

時間のゆっくりある時に加筆修正しながら
また紹介したいと思っています

ポチさんや皆さんのお気持ちがとてもうれしいです

あの看護婦さんにもこんな優しさがあったなら・・・と考えてしまいます
ブログをお休みしている間、
考えていたんですが
ポチさんがおっしゃるように院長先生にお手紙でお願いをしてみようと思いました

もしお返事がきたら
内容お知らせしますね

れおんさん こんばんは
ぴのちゃんも女のコなんですね
これからタマゴシーズン大変でしょうががんばってくださいね
応援しています
病院の看護婦さんには今も憤りを感じてしまい
もうこんな事は繰り返してほしくないので
れおんさんやポチさんがおっしゃるよう
院長さんへ「お願い」のお手紙を書いてみることにしました

もしお返事がきたら
その時は内容お知らせしますね

きなこもちさん こんばんは
アイスちゃんも女のコでしたね
タマゴの圧迫による麻痺は怖いです
麻痺がゆっくりなら放鳥をやめ
保温で様子見も可能なんですが
突然タマゴが降りて麻痺が始まると
チロの様になってしまいます
アイスちゃん。元気にすこやかにそだってね
応援しています

また、加筆修正して卵管脱・タマゴ詰まりの事は記事にする予定なので
よかったらヒントにしてくださいね

オーコさん こんばんは
ミルのブログまで見ていただきありがとうございます
娘(ミル)が気丈にしていてくれたので
思わずすがってしまったんですが
娘がこんなにがんばっていてくれたんだと
思ったときは
本当に頭が下がりました
娘にすがってしまうなんて
なんて情けない母親だろうって・・・
今度は私もしっかりしなきゃですよね

看護士さんの件はお手紙を書いてみる予定です
他のコにあんな悲しい目にあってほしくないので
お返事きたら内容お知らせしますね

チロちゃんの匂いがした時は
ホントにうれしくって・・・
最初は気のせいかと思ったんですが
3度も匂いかがせてくれたので
久しぶりのインコ臭堪能してしまいました

リコさん はじめまして
チロちゃんの為に優しいコメントをありがとうございます

看護婦さんは今でも疑問を感じてしまうので
お手紙を院長先生に書いて「お願い」してみる事にしたので
お返事がきたら
内容紹介させてくださいね

チロちゃんのお墓に毎朝シード撒きながら挨拶していたら
野鳥さんが沢山きてくれるようになって
お墓のチロちゃんもなんだか毎日にぎやかそうです
きっと今は天国で楽しくしていると思います

ゆかぷりんさん こんばんは
ぽぽちゃん7ヶ月でタマゴですか
間もあいたの2ヶ月だけなんて・・・
苦しい心中お察しします
女のコの1羽飼いは本当に苦労の連続ですよね
チロちゃんはお父さんが恋の対象だったので
なるべくタマゴシーズンは娘や私が遊ぶようにしてたんですけど
やっぱりタマゴは止められなくて・・・

かと言って放鳥を止めれば今度はストレスで
体調崩してしまうし・・・

愛情かけながらタマゴ回避は本当に難しいです
でも、愛情は大切ですよ
きっとぽぽちゃんもゆかぷりんさんの所のコで幸せですよ
苦しめてしまってるなんて考えないで
愛情かけながら対処方みつけましょ

ウチも毎回思考錯誤しながらだったんですよ

タマゴは回避できなかったけど
対処法はチロや実家療養中チビちんが教えてくれたので
またヒントがあったら紹介させていただきますね
ささやかながら対処のお手伝いができれば幸いです

ぽぽちゃんタマゴシーズン大変だけどがんばってね
応援しています

チロちゃんはお花は大事にしてくれたみたいで、お花の周りでは気配はしないんですよ
たまに飛んで遊んだり
カゴの中でちょっと休んだりしている気配はあるんですけどね




内緒のTさん はじめまして
チロちゃんの為に優しいコメントありがとうございます
内緒だったのにお返事しちゃってごめんなさい
お気持ちがとてもうれしかったんですよ

以前悲しい思いをされ、今は女のコのインコちゃんがいらっしゃるんですね

そう、そのコのかわりなんて何処にもいないんですよ
看護婦さんは恐らくその事がわからなかったのでしょうね
多分自分で家族を思えるコと暮らしたことがないのでしょう
それは動物医療にたずさわる方として大変残念な事と思います

私達は医療知識はないですが
家族への愛情はたっぷりあるのですもの
だれもチロの代わりにはなれないけれど
今度お迎えするコがいたら
そのコがすこやかに暮らせるよう
体調チェックをこころがけ
いい病院をさがすつもりです

今は女のコのインコちゃんとお暮らしとの事
タマゴシーズンは大変かと思いますが
頑張ってくださいね
かげながら応援しています
旬の花時計
プロフィール

ほりーちぎつね

Author:ほりーちぎつね
ほりーちぎつねです。
いんこと娘を愛する冬毛のきたきつねです
レインボーのチロちゃんは2009.6.16大空へ旅立ちました
(3歳5ヶ月)
オパーリングリーンのチビちんは実家の里子になりました2011.10大空へ旅立ちました
(^^)2代目黄ハルクインのチロちゃん(推定2009.6.22生)2009.7.23お迎え2012.4.30大空へ旅立ちました
(^^)パイドのルナちゃん(推定2009.6.29生)2009.7.25お迎え!
スパングルのラムネちゃんは2010.7.24お迎え、2011.3.28短い生涯を終え大空へ旅立ちました。
キハルクインのキハルちゃん2012.5月お迎え

人気ブログランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
小鳥(・・*)
さえずり
羽根
ブロとも一覧

あげはめし

ひだまり日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。