FC2ブログ

ルナの闘病備忘録3

11/3はとても機嫌よくいつもより元気が有り余って
放鳥しないと大絶叫で抗議して
お腹少しすくと私の肩にきては催促の雄叫びあげていたルナ
日付変わってまもなく
暗い部屋にパタタタっと軽い羽音
ん?嫌なタイプの音だなと思った瞬間
キュイキュイと痛そうな苦しそうな
小さな声
すぐ電気つけて様子見ると
やはりまた右足を少しだらんとさせていて
右羽も上手く動いていない
発作!と思い手をケージに入れると
なんとか一番上の止まり木から降りて逃げ回る
コケることなく逃げ
震えも無いことからかなり小さな発作で治まった様子
ただしルナが思うように動けなかったことで
パニックをおこしかけていたので
声かけし撫でながら抱っこ
噛む力もとても強く指に穴があきそうだけど
意識があり体力もある証拠なので
ほっとする
暫く撫でているといつもの痛いけどもう少し手加減した噛みかたにかわったので
落ちついたとみてケージへ戻す
まだ右足は少し握力弱いが自分で好きな位置へ移動し
落ち着く
その隙にネットで同じような症状の子にどんな対処してるか探す
検索でヒットした子は
てんかんや脳障害の子達だったが
症状は似ていても身体反らしたり首降りしたり
発作おさまっても摺り足ぎみで歩き
下垂歩行なのかよくコケることに気がつく
ルナにはそれはない
やはり発作は他の原因
先生がいう小さな血栓なのかな
予後については触れられていない
と言うよりも発作そのものにその子がどれだけ耐えられるかによるところもあるようだ
幸いルナは食欲は旺盛でその分での体力はあり
食べれている、食べたいという気持ちがあるうちは持ちこたえられるのかもしれない
お世話係りは発作の度に肝を冷やし
おさまるととても安堵しルナの体力と病院の薬に感謝する
実際意識朦朧とするほどの大きな発作は
薬飲んでからおこしていない
また極力副作用ない薬を処方してもらっているので
発作で体力をとられない時間は
ご機嫌で鳥らしく過ごしていてくれる
本当にこれが一番ありがたい
多分内蔵の数値は落ちてきてるのだろう
絶食便のような緑色便の頻度増えてきた
腎臓の数値悪いとこのような糞をするらしいので
次の通院で先生に相談したいと思う

このところめっきり記憶力が乏しくなった
私の頭に
ブログは記憶という場を与えてくれて
本当に感謝しかない

楽しい時間も悲しかった時間も後から見直せるし
先代の子達が教えてくれたことを
読み直すことで活かしていける

と、ここまで書いたところで
小さく動く音と小さな声
もう一度発作かと思いライトでそっと照らして
ケージ見たらルナは落ち着いて大あくび
今回は翡翠が寝ぼけただけらしいf(^^;
今までの子達はそれぞれ声が違っていたので
暗くても判別できたが
この頃翡翠がルナそっくりの声になってきて
間違う時がある
行動は今までで一番のやんちゃで甘えん坊
こっちはこっちで
普通のエサは手でもっていないとほとんど食べないし
手でもっていてもじゃれながらだから
そんなに食べず
未だ差し餌ねだり
お腹すくと差し餌作れと抗議する困ったちゃん
はー
お世話係りは介護と幼稚園一辺にみてるみたいだよ
でも、可愛い仕草を、やんちゃな姿を
たまには 待てい!と怒ることも
全部全部いとおしい時間だよ(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

旬の花時計
プロフィール

ほりーちぎつね

Author:ほりーちぎつね
ほりーちぎつねです。
いんこと娘を愛する冬毛のきたきつねです
レインボーのチロちゃんは2009.6.16大空へ旅立ちました
(3歳5ヶ月)
オパーリングリーンのチビちんは実家の里子になりました2011.10大空へ旅立ちました
(^^)2代目黄ハルクインのチロちゃん(推定2009.6.22生)2009.7.23お迎え2012.4.30大空へ旅立ちました
(^^)パイドのルナちゃん(推定2009.6.29生)2009.7.25お迎え!
スパングルのラムネちゃんは2010.7.24お迎え、2011.3.28短い生涯を終え大空へ旅立ちました。
キハルクインのキハルちゃん2012.5月お迎え2018年9月2日大空へ旅立ちました

人気ブログランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
小鳥(・・*)
さえずり
羽根
ブロとも一覧

あげはめし

ひだまり日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク